STORKからSANGOに乗り換えた3つの理由を本音で語るぞ!

ども!テクテンだよ!

つい先日、一年間愛用した「STORK」から「SANGO」に乗り換えたよ。結論から言うと「あ、コレやっぱ最高だわ」って感じです。

「STORKからSANGOに乗り換えました〜」って記事はSANGO導入ブロガーの多くがUPしてるんだけど、すげー違和感を感じる。「別にSTORKが悪いわけじゃないんだけどSANGOにしました」的なやつ。

いやいやいやいやっ!!!

テクテン

STORKが悪くないなら乗り換える必要ないですから!SANGOがSTORKより優れてるから乗り換えるわけですから!

もっと腹割ってレビューしましょうよ。無味無臭のレビューじゃどちらにも失礼じゃないですか?

というわけで、ぼくがSTORKからSANGOに乗り換えた理由を忖度一切なしの本音レビューで語ります。

1.とにかく軽い!ストレスフリー!

ファーストインプレッションは「うぉっ!サックサクやな!」と思ったほど動きが軽快だった。

ぼくの場合メインサイトの「tekuten.com」ではなく、他に運用してたサブブログで試しにSANGOを導入してみたのが最初。そこでめちゃくちゃ動きが良かったのが乗り換えた最大の理由。

3秒以内にズバっと表示される

このブログをGoogleの「TestMySite」を使って計測してみた結果がこれ。

▼TestMySiteの結果

どう?3秒以内に表示されてるでしょ。この表示速度は体感でも分かるレベルでSANGOのほうがSTORKよりも速い。

うちの場合、スマホの普及でブログを読んでくれる人の8割くらいがモバイルからのアクセスなわけです。モバイルから見たときにもっともストレスなのは「表示が遅いこと」だよね。

サイトの表示に3秒以上かかると段階的にどんどん離脱率は上がり、コンバージョン率も下がっていく。

つまり、スピードはもっとも重要視すべき項目なのです。

参考 New Industry Benchmarks for Mobile Page Speed - Think With GoogleThink with Google

WordPress内部の編集も軽い

波及効果とでも言おうかな。WordPressの編集画面もめちゃくちゃ軽いです。サクサクっとページ遷移できるから管理も楽だしストレスもない。

これって意外と重要で、内部が重いと記事を書くのも億劫になってくるし、メンテナンスも後回しにしがち。

STORKの場合は編集画面も全体的にもっさりした動きだったんだけど、SANGOに変えたらほんと爆速で驚いた。

「軽い」ってのはそれだけで正義なんですよ。

2.シンプルで直感的なデザイン

SANGER(SANGO使いをこう呼ぶらしい)の大半が素晴らしいと褒めてるのが「デザイン」。オシャレでほんわかしててカワイらしい。

ぶっちゃけ、オシャレとかカワイイとかそんなんどうでもいいんですよ。ユーザーにとってそれが有益なのかどうか?ってところが重要なんです。

Google推奨マテリアルデザイン

SANGOで導入されてるのがGoogle推奨のマテリアルデザイン。現実世界の物理法則をデザインに取り込んだものらしい。英語やカタカナだといまいち理解できない。

簡単に言えば、「ユーザーが直感で理解できて分かりやすいデザイン!」ってことだ。例えばちょっと浮いてるように見えるカードリストとかね。

STORKのフラットなデザインと比較しても、よりユーザーフレンドリーなデザインだと言える。

自己満足のカスタマイズから卒業できる

SANGOを導入してシンプルでサクサクなUIの利便性に気がつくと、必然的にそのマテリアルデザインを活かそうと余計なカスタマイズをしなくなります。

これはブロガーあるあるだよね。有料テーマを入れるとさ、とにかくカスタマイズに凝っちゃうのよ。STORKを使ってるときはぼくもよくやってたから気持ちはちょー分かる。

Googleフォントを入れてみたり、Twitterのタイムラインを表示させてみたり、スライドバーで自己主張してみたり。どんどんサイトを見にくく、重たくなるようにカスタマイズしがち。

結局、自己満足のカスタマイズに終始してませんでしたか?それってユーザーにとってメリットありました本当に?

ユーザーにとってもっとも有益なのはコンテンツが見やすく探しているものがすぐ見つかることですよね。書き手が満足してもぶっちゃけ意味なし!

3.最小限のプラグイン構成で運用OK

いやーサルワカさんってほんとすげーな!怖いくらい徹底してるなと思った。当たり前だけど、自社のテーマに対するこだわりがハンパなくて。

SEO対策に必須なものはすべてSANGOだけで設定できます。

自信をもってこう断言してるからね!

三大ヘビー級プラグインを外せる

WordPressを重くする三大プラグイン。

  1. All in One SEO(SEO対策)
  2. Yet Another Related Posts Plugin(関連記事)
  3. WordPress Popular Posts(人気記事)

ゴメンナサイ。STORK時代、これら全部使ってました・・・。SANGOではすべて不要です!SEO対策、関連記事、記事のランキング機能、SANGO自前の機能でまかなえるのです。

この3つの機能はブログを本気で運営していくにはどれも必須な機能。ただ、その分重たい!どうしてもスピードが犠牲になってた。

SANGOは特にプラグインを追加せずともこれらの機能が揃っちゃってます。何度も言ってるけど、ブログはどんなに良いコンテンツ作っても遅くて離脱されて読まれなかったらその記事に意味はないわけです。

サイト表示を遅くさせる要因である重たいプラグインを外せるというのはものすごいアドバンテージになり得るのです。もちろんテーマに含まれてる機能なのでデザインもバッチリ。これだけでも乗り換える価値があるくらいだよ。

MEMO
SANGOの人気記事機能は今までの累計アクセス数での表示のみ対応してるよ。週間や日間でランキングを出したい場合はWPPが必要なので気をつけよう。

サイト管理が楽チンになるよ

最小限に抑えて、余計なプラグインが必要ないってことはそれに伴って日々のメンテナンスも楽になるってこと。

  • プラグインの更新作業
  • プラグインの設定、変更
  • プラグインのCSS調整

これらのめんどくさい作業から開放してくれます。STORKのときはずーっとCSSいじってたなぁ・・・という人ほど恩恵が大きいでしょう。

+α SANGOはコスト面も優秀だった

おまけでもう一個SANGOに乗り換えた理由を。コスト面でもSANGOはSTORKよりも優れています。

複数のブログで流用できちゃう

SANGOは一度購入すれば複数のWordPressサイトにインストール可能!ぶっちゃけ、10,800円で使い放題なわけですよ。

複数のブログを運営してる人にとってこれはめっちゃデカいメリットだよね。

  • ショートコードもインポートすれば一発設定
  • CSSやPHPのカスタマイズもコピペでOK

テーマを使い回せるということは、上記のようにカスタマイズした設定も使いまわしできちゃうってこと。新ブログの立ち上げにかかる時間的コストも大幅に節約できる!

ちなみにSTORKも10,800円と金額は同じ。ただし、1サイト1ライセンスなので複数のサイトを運営する場合はその数個分、購入が必要になってくるよ。

専用小テーマ・プラグインも複数利用OK

SANGOには有志が作った専用の子テーマ、プラグインが存在している。

テクテン

うーん ポリプちゃんカワユスですねぇ
  1. 専用子テーマ:PORIPU(3,980円)
  2. 専用プラグイン:SANGOサポーター(1,000円)

いずれも有料の子テーマ、プラグインなんだけど、SANGOをより個性的にカスタムできるので導入してる人は多いみたいだね。

PORIPU、SANGOサポーターともに複数のサイトで利用可能という大盤振る舞い。SANGOとセットで買えばどのサイトでも同じ環境を構築できるぞ!

参考 PORIPU-SANGO公認の子テーマ | Just another SANGO ThemePORIPU-SANGO公認の子テーマ 参考 SANGOサポーターの使い方【こじかWPプラグイン】 | SANGO SupporterSANGO Supporter

ユーザーファーストの時代へ

ぼくがSTORKからSANGOに乗り換えた理由をひとことで言うならば、「ユーザーファーストを実現できるから」。これに尽きます。

もう一度、SANGOに乗り換えた理由を振り返ってみるよ。

  1. サイト表示速度が圧倒的に速い!
  2. マテリアルデザインが見やすい!
  3. 重たいプラグインを導入する必要なし!
  4. おまけ:経済的にもSANGOは懐に優しい

STORK最大の特徴は「モバイルファースト」だったよね。こうしてSANGOのメリットを見てみると、「ユーザーにとっていかにストレスがないか」ってところに重点を置いてるでしょ。

モバイルファーストはもはや当たり前で、更に一歩上の視点から考えられている。そう、まさに「ユーザーファースト」で作られたテーマなんだよ。

テクテン

読まれないブログは無価値。ブロガーなら個性は中身で差をつけろ。

以上がぼくのSTORKからSANGOに乗り換えた理由でした。一年間ありがとなSTORK。これからよろしくなSANGO。

参考 SANGO | 心地良さを追求したWordPressテーマSANGO

そいぎんた〜!

▼SANGOとの相性の良いレンタルサーバ
【Mixhost】コスパ最強のレンタルサーバでワードプレスブログを始めよう!

▼SANGO運用は独自ドメインでね!
初心者向け!Xdomainで独自ドメインの取得とネームサーバの設定をしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です