本気でブログやるならワードプレステーマは「STORK」一択な理由

ども!テクテンです!

ブログは無料で出来るものもいっぱいあるけど、ブロガーとして本気でやっていくなら、レンタルサーバ+WordPress+有料テーマ

これが鉄板ね。

で、今回は「有料テーマ」のオススメというか、これ一択だな!ってテーマがあるので紹介するよ。

その名も、OPENCAGEさんから出てるWordPressテーマ「STORK」

STORK(ストーク)の優秀なところを挙げてみるよ。

STORKのここが凄い!
  • ブログに特化したオールインワンテーマ
  • モバイルファースト
  • Web(html、css、php)の知識は一切不要でOK
  • カスタマイズ事例が豊富で流用しやすい
  • サポートが丁寧で早い
  • 売れてるブロガーはSTORKを使ってる人が多い

テクテン

どう?

STORKはブログ専用のテーマなので、必要な機能は全て網羅しているよ。

且つ、モバイルファーストなので「スマホでブログを見たとき」を最優先して最適化されてる。

ブログはいくら必死に記事を書いたところで読まれなきゃ意味がない

読んでもらえるための構造的な仕組みは全てこのSTORKに任せときゃいいってわけ。

自分は「記事の内容」に集中!

そんなブロガー必携のテーマを今回は紹介していく!

STORKのここが強い

ブログに特化したオールインワンテーマ

これはぼくのブログをPCで見たときのトップページね。

実はこのブログはいわゆる「カスタマイズ」っていうのをほとんどやってない。

ストークに最初からある機能だけを使ってほぼ構成されているよ。

ぶっちゃけ、ストークを導入した1時間で簡単にこの状態に持っていくことが可能

テクテン

ちょっとだけ機能を紹介しちゃおう!

①ロゴ設定

これは自分でロゴにしたい画像を作ってテーマ上で指定するだけで出来ちゃう。

テクテンの場合、ペイントソフトで5分くらいで作ったw

②カテゴリ設定

これも自分の好きなカテゴリをいつでも自由に作成、編集することが出来る。

下に英語が書いてあってちょっとカッコいいよね。これも設定で簡単に変えることが出来るよ。

③スライダー設定

スライダーっていって、自分で推したい記事を目立たせることが出来る機能ね。

普通にweb制作するときは、jqueryとか専門知識が必要だけど、STORKなら3秒でOK。記事のタグ設定で「pickup」と入力するだけで自動的にスライダーに入る。

④記事レイアウト

もちろんこれも記事を書いたら自動的にこんな感じでカッコよく載せてくれる。

レイアウトは他にも種類があって全部で4種類あるよ。

試しに「カード型」というタイプを選ぶとこんな感じになる。

⑤広告設定

これもテーマ内に、広告枠が用意されてあるので、コードを貼り付けるだけで適切に表示してくれる。

マネタイズしていくうえでは欠かせない機能。

⑥ウィジェット設定

テクテンの自己紹介欄なんかがこれね。

これも自由に自分で追加出来るよ。アピール欄として有効活用しよう。

テクテン

正直、機能が多すぎて紹介しきれないw

見た目のカスタマイズだけでもこれだけ準備されてるから、困ることはないでしょう。

モバイルファーストの重要性

これ最初あまり重要視してなかったんだよね・・・。

モバイルファースト?そんな関係ないやろ!って感じで(;・∀・)

でもブログを始めてその考え方が「まずい」ってことに気づかされる。

これは過去3ヶ月間のデバイス別の割合。

実に、70%弱の人がモバイル、つまりスマホでブログを読んでるということが判明した!!

マジでそんな時代になってるとは思わなかったよ 。

いかに、ブログがスマホに向けて最適化する必要があるってことが痛いほどわかった。

STORKは、完全なレスポンシブ対応テーマ。モバイル用のテーマが用意されてるような安物ではなく、完全なるレスポンシブね。

だからどんなサイズのデバイスでも最適に表示されるようになってる。

iPhoneでもiPadでもMacでも全部適切なサイズで表示されるよ。

Webの知識は一切不要でOK

とは言っても、STORKって難しいんでしょ?なんて声が聞こえてきそう。

いやいやいや!小難しい知識一切不要!

例えばこれはブログのカラー設定。

こんな感じで、面倒なタグ入力したりする必要は一切ない。見た目でサクサク選んでいける感じ。

WordPressでもっと細かいカスタマイズを施して行こうと思ったらそれこそPHPとか言語の知識が必要になるけど、目指すべきはエンジニアではなく、ブロガーだからね。

ちなみに、IT完全に素人のうちの奥さんでも使えてますよSTORK(笑)

カスタマイズ事例が豊富で流用しやすい

ストークにはそれこそたくさんの機能が備わっている。

テクテン

けど、ちょっとここ細かくカスタマイズしたいな〜

なんてことも当然出てくるよね。

そんなとき、ちょっとググってみるだけで、ストークのカスタマイズ方法は山ほど出てくる!

人気のあるテーマなので、たくさんの優秀なエンジニアの皆さんがカスタマイズ事例を載っけてくれているんだよ。

WordPressでRSSフィードに画像を表示させる方法(コピペでOK!)

テクテンもこんなカスタマイズ記事を挙げてるしね。

他にも、うちのブログでいうとこんな装飾もカスタマイズサイトを参考に使わせてもらっているよ。

蛍光ペンを引いてみる

こんな感じで好きな機能をどんどん取り込んでいけるのもまた魅力だね。

サポートが丁寧で早い

これは声を大にして言いたい。

テクテン

サポートが素晴らしい!!!

STORKは開発者が日本人。WordPressのテーマの多くが海外製だけど、STORKは日本製。

そして日本語でサポートしてくれるのがめちゃくちゃ助かる。

テクテン今まで何度も問い合わせしてるけど、どんなクソみたいな質問にも丁寧に迅速に対応してくれる

ほんとOPENCAGEさん神のようなお方たちだよ・・・。

素晴らしいのは、質問というか相談に近い内容だったんだけど、「こんな機能STORKで使えないですかね〜?」みたいなのを送ってしまったことがあったのね。

そうすると回答が「○○というプラグインを利用すれば可能かと思います、こちらで試してみましたが特に問題ありませんでした」という提案に近いような内容で返答して頂けたのよ。

もうね感謝しかなかったねぇ。これからもストークを使おう、って思った瞬間だった。

ストークはもともと、オフィシャルサイトでの解説が豊富な上に、カスタマイズ事例もたくさんある。

更に、サポートでガッツリヘルプしてくれるので怖いものないでしょ?

売れてるブロガーはSTORKを使ってる人が多い

テクテンがこれまでたくさんSTORKの魅力を語ってきたけど、これが一番説得力があるかもw

実績がすごいんだよ。

STORKを利用している有名ブロガーの一例

などなど

めっちゃ大御所さんが使ってるでしょ。もちろんぼくも使ってるよw

これだけたくさんのブロガーが使ってるということはやっぱりそれなりに理由があるわけで。

これは乗っからない手はないよね。

STORKのここが弱点

価格が高い?

10,800円(税込)。

ぼくも購入前はもちろん躊躇したよ。すごく。

だって1万円超えてるんだよ!?

でも実際導入すると分かるんだよね。「あ、これ1万円以上の価値あるわ」って。

初心者がストーク並みにWordPressをブログに最適化しようとしたら、途方もない時間と労力がかかる。

これを1万円でサクッと飛ばしていきなり本題の執筆作業をスタート出来るんだよ。

で、ブログで稼げるようになれば1万円なんかすぐにペイ出来てしまう。

こういう自分の効率化だったり、利便性を著しく向上させるものへの投資は惜しんじゃいけない

リターンの方がはるかにデカいから。

みんな使ってるので個性がない?

没個性。

これもよく言われるよね。

テクテンとしてはちょっとこれは違うなと異を唱えたい

  1. テーマを自作しない限りオリジナルは存在しない
  2. 工夫すれば個性は演出できる

まず、どんな優秀で個性的なテーマであっても、自作しない限りオリジナルじゃないんだよね。

いいテーマはみんな使いたがる。だからテーマそのもので個性を追求するのはあまり意味がない。

テクテン

中身で勝負しよう!

ちょっと上で有名ブロガーのブログを掲載させてもらったけど、みんなすごい個性的でしょ。

ワードプレスのテーマっていう大きな骨子は同じでも、中身がまるで違うからね。

逆に言えばここで差別化出来ないならどんなテーマ使っても埋没していっちゃうね。

というわけで個性は工夫すればいくらでも出せるのでそんなにデメリットじゃないね。

時間を買うということ

テクテン

さて、本気でブログをやるならSTORK一択という理由を説明してきたけどどうだったかな?

メリットを最後にもう一度まとめておくよ。

ストークを使うメリット
  • ブログに特化したオールインワンテーマ
  • モバイルファースト
  • Web(html、css、php)の知識は一切不要でOK
  • カスタマイズ事例が豊富で流用しやすい
  • サポートが丁寧で早い
  • 売れてるブロガーはSTORKを使ってる人が多い

「ブログを始める」、というのはすごく簡単。

ちょこっと無料ブログに登録すればすぐに書き始めることが出来る。

ただ、本気でブログを使って何かを成し遂げたいのであれば、それなりのものが必要になってくる。

そこで一気に「時間」をショートカット出来るのが有料のワードプレステーマという存在なんだよね。

ぜひ、限られた時間を有効に使って、ブログをすぐに軌道に乗せていって欲しいね!

OPENCAGEさんのホームページでは更に詳細な機能が紹介されてるのでそちらも確認してみるといいです。

WordPressテーマ「ストーク」

ではでは、テクテンでした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です