SANGOがどちゃくそ捗るおすすめのプラグイン16個まとめ

ども!STORKからSANGOに移行組のテクテンです。

ワードプレスのテーマを変えたらプラグインも適切なものをピックアップしていきたいところ。

ということで、ぼくがSANGOで使っているプラグインを無料のものから有料のものまでまるごと紹介しちゃいます!

MEMO
新しく追加したものがあればこの記事にも随時加筆してきます\(^o^)/

どちゃくそ捗るプラグイン16個!

ブログの裏で動くものからライティング効率をグッと向上させてくれるものまで様々。どれもぼくのブログ執筆には欠かせないプラグインだよ。

すべて実際にぼくがSANGOにインストールして使っているものだから基本的に動作は問題なしと考えてもらって大丈夫!

AddQuicktag

記事内へのタグ(ショートコード)挿入、タグの管理でマストなプラグイン。SANGOはそれこそ何百個っていうショートコードが用意されてるよね。

  • いつもリファレンスからショートコードをコピーしている
  • どのショートコードを使えばいいのか迷って時間がかかる
  • サルワカのサイトからインポートしてあまりの量の多さに絶望した

こんな人はAddQuicktagを導入しましょう。そして、記事で使うショートコードは厳選して登録しましょう。

文字の装飾やボックスなど種類をたくさん使ってしまうと、読み手にとっては間違いなく見にくいものになります。自分のブログのテーマに合うコードだけ登録するのが双方にとってプラスです。

参考 AddQuicktag | WordPress.orgWordPress.org

Akismet Anti-Spam (アンチスパム)

ワードプレスの初期インストール時からデフォルトで入ってるアンチスパムプラグイン。

コメント機能を開放してるなら入れておいて損はないです。ぼくのブログもいまだにクソスパムが定期的に投稿されますがすべて弾いてくれるよ!

参考 Akismet Anti-Spam | WordPress.orgWordPress.org

Autoptimize

ソース圧縮プラグイン。ブログの読み込み速度をあげてユーザビリティ向上に寄与してくれます。

サルワカでも推奨されてるのでぶちこんでおけばOK。体感的にはあまり速度アップの実感はないけど、SEO的にも◯だと思っている。

参考 WordPressの高速化〜表示速度を上げる12の技〜サルワカ | サルでも分かる図解説明マガジン 参考 Autoptimize | WordPress.orgWordPress.org

Broken Link Checker

ブログを巡回してリンク切れを調査報告してくれるプラグイン。外部リンクはちょくちょく切れてるので入れておくとメンテナンスが捗りますな。

参考 Broken Link Checker | WordPress.orgWordPress.org

Category Order and Taxonomy Terms Order

カテゴリーを任意の順番にソートしてくれるプラグイン。地味だけど大好き。

カテゴリーの並びって、カテゴライズと同じくらい重要だとぼくは考えています。きちんと順序だってカテゴリーが並んでると、それだけでユーザーにとってはブログの全体像が把握しやすくなるのです。

参考 Category Order and Taxonomy Terms Order | WordPress.orgWordPress.org

Compress JPEG & PNG images

自動画像圧縮プラグイン。ブログ高速化の最終兵器パンダと言っていいでしょう。入れておくだけで自動で画像をバンバン圧縮してくれます。

Jpegmini + EWWW Image Optimizerで圧縮済みだった画像を、そこから更に5割削るとかエグいくらいの圧縮率。もっとも簡単にブログを軽量化、高速化できるでしょう。

ただし、Compress JPEG & PNG imagesは500枚/月という制限付き。そこから先は従量課金制になる。まぁ、500枚もあれば充分です\(^o^)/

参考 Compress JPEG & PNG images | WordPress.orgWordPress.org

Contact Form 7

いわゆる「お問い合わせフォーム」を設置するためのプラグイン。導入してない人はいないんじゃないかな?

まんがいちまだ入れてないよ!って人は入れておきましょう。企業とのやりとりなどオフィシャルなものはだいたいフォームから来ます。ビジネスチャンスを逃さないように!

ちなみに、rePATCHAの追加方法はジュンイチさんの記事がめっちゃ分かりやすいですよ。

参考 世界中のスパムメールを撲滅!Contact Form7にreCAPTCHAを追加する方法 | ジュンイチのブログブログマーケッターJUNICHI 参考 Contact Form 7 | WordPress.orgWordPress.org

Google XML Sitemaps

ブログの論理構造マップを自動生成してくれるプラグイン。

小難しい話しは置いとこう。とにかくだね、ブログを更新すると「記事書いたよー」って情報がGoogle先生に伝わるんです。そうすると検索結果に表示されるようになるわけです。

SANGERは逆に入れておかないといろいろ不利になる。絶対入れておきましょう。

参考 【WordPress】サイトマップ作成からSearch Console登録までの全手順サルワカ | サルでも分かる図解説明マガジン 参考 Google XML Sitemaps | WordPress.orgWordPress.org

PS Auto Sitemap

ブログのカテゴリ、記事の構造を固定ページとして出力してくれるプラグイン。「sitemap」とついてるけど、「Google XML Sitemaps」とはまったく別物だからね。

PS Auto Sitemapは固定ページとして閲覧可能なので、ブログトップページのメニューやフッターに入れるのが一般的。

読者にとって記事一覧が見れるというメリットと、GoogleAdSenseなど、サイトマップの設置が条件と言われてる広告などの対策としても必須!

参考 PS Auto Sitemap | WordPress.orgWordPress.org

Public Post Preview

下書き保存した記事を外部から確認することができるプラグイン。例えば、記事広告を書くときなんかにあると便利。

記事を下書き保存したら専用のURLを発行。そのURLを知っている人だけが下書き記事を閲覧することができる。

もちろん検索に引っかかたりすることはないので、安全に記事のチェックをしてもらうことが可能。

参考 Public Post Preview | WordPress.orgWordPress.org

Rinker

商品リンク管理プラグイン。Rinkerは「oyakosodate.com」のやよいさんが作ってくれた元々は有料のプラグイン。

Amazonや楽天の商品リンクをすばやく簡単に、かつ美しく記事内に挿入することができちゃう。カエレバやヨメレバでリンクを作るよりも効率敵的。

ショートコードでの挿入になるのでソースが煩雑にならないというメリットもあるよ。ぜひ使わせていただこう。

テクテン

無償提供なのでできればスポンサーとして支援してあげよう!
参考 商品リンク管理プラグインRinker(リンカー)の公式サイト | おやこそだておやこそだて

SANGOサポーター

SANGO専用のサポート機能が揃った優秀なプラグイン。「こじかログ」のはるしかさんプレゼンツ。有料。

SANGOサポーターのできること
  1. 内部リンク・外部リンクの半自動挿入
  2. シェアボタンのウィジェット化
  3. 記事最上部に追従見出しを追加
  4. オリジナルフロントページの作成

SANGOの見た目、軽さを損なわずに効率化とユーザービリティをバツグンに向上できるという神がかったプラグイン。

これだけ揃ってわずか1,000円です。ぶっちゃけ・・・そこそこ成熟したブログなら1日でペイできる金額だよね。費用対効果高すぎですよマジで。

参考 SANGO Supporter | SANGOサポーターの公式ガイドSANGO Supporter

Search Regex

置換ツール。記事や固定ページを横断して指定のワードを書き換えてくれます。正規表現も利用可。

気分でショートコードの置換もOK、一人称を一気に変えてみたり、今まで間違って使ってた単語を洗い出したりと使い方は多岐にわたる。

記事が多くなればなるほど真価を発揮します。入れときましょう。

参考 Search Regex | WordPress.orgWordPress.org

Simple Local Avatars

ワードプレス上のアバターを簡単に設定することができるプラグイン。

たまに見かけますよ?コメント欄がミステリーマンのままになってるブログを。詰めが甘すぎます。自己ブランディングは細部で差が付きます!

参考 Simple Local Avatars | WordPress.orgWordPress.org

Table of Contents Plus

記事内に目次を自動挿入してくれるプラグイン。入れてないひとはサクッと入れておきましょう。

記事内以外にもサイドバーに目次を設置できます。読者にとって記事内容が分かりやすくなるので入れて損はなし。

SANGOはTOC+も専用のCSS用意されていますので見た目もバッチリ!

参考 目次プラグイン「TOC+」の設定方法 | SANGOカスタマイズガイドSANGOカスタマイズガイド 参考 Table of Contents Plus | WordPress.orgWordPress.org

WordPress Popular Posts

定番のWPP。人気記事をデイリー、ウィークリー、マンスリーなど様々な集計方法でアウトプットしてウィジェット化できるプラグイン。

利便性が高い半面、重いというデメリットもあるけど、背に腹は変えられません。人気記事をアピールしたい場合は入れておくことをオススメします。

見た目もSANGOにガッツリ寄せることができますよー!マサオカさんのカスタマイズ記事で一発解決。

参考 SANGOに週間人気記事のランキングをスマートに表示する方法 | マサオカブログマサオカブログ 参考 WordPress Popular Posts | WordPress.orgWordPress.org

オススメできないプラグイン

テクテン

逆に「これはヤメとけ!」ってプラグインも念の書いておくよ!

SEO関連全般

SEO関連のプラグインは全般的に不要です!代表的なのはこの2つ。

  • All in one SEO
  • Yoast SEO

SANGOは必要なSEO機能はほぼ内包している破格の性能をもったテーマ。逆にこれ以上SEO関連プラグインを積んでも重くなるだけ。

シンプルに必要なプラグインだけ選ぼう。

キャッシュ系プラグイン

キャッシュ系プラグインも正直オススメできない!代表的なのはこの3つ。

  • WP Fastest Cache
  • W3 Total Cache
  • Lite Speed Cache

はい、かなり不安定になります。というか致命的なレベルで。

キャッシュ系プラグインのリスク
  • Google Analyticsが正常にアクセスを分析できない
  • Google Adsenseが正常にカウントされない
  • レイアウトが大幅に崩れる可能性もある

全部実際にこのブログが陥った現象。もちろん設定が複雑でうまくいっていないという面もあると思うけど、自力解決できないのであれば手は出さないほうが無難。

テクテン

ってかあまりこの手のキャッシュプラグインを使わなくてもSANGOはめたくそ速いけどねw

SANGOでどちゃくそしよう!

ぜんぶ紹介したらえらい膨大なテキスト量になっちゃった。今のところ合計16プラグイン。たぶんかなり少ないほうだと思う。

それくらいSANGOはシンプルだけど高機能。必要なプラグインの数を最小限に抑えることができるわけだよ。

  1. プラグインの数が少なければブログが軽くなる!
  2. メンテナンスや管理に要する手間、時間も少なくできる!
  3. 必然的に「記事を書く時間」を増やせる!

ブロガーはコンテンツを生み出してなんぼの存在ですよね。プラグインの吟味に時間をかけすぎるのも無駄。

サクッと使えるプラグインだけピックアップして「記事」にリソース割いていきましょう!

そいぎんた〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です