【脱社畜】会社を合法的に即日退職する方法を教えます!

ども!テクテンです。

ぼくが会社をやめるときに、すごく調べたのが、「会社って辞めたいと思った日に辞めれるのか?」ということ。

ちなみにぼくが会社を辞めようと思っていた時の状況(気持ち)はこんな感じ。

  • もう1日たりとも会社に行きたくない(パワハラ・モラハラ)
  • 会社に行けるような状態(関係性)ではない
  • 会社に行かずに退職を進めたい

つまり、会社と退職時期について悠長に話し合っている場合ではなかったんです。

で、いろいろ調べた結果、今回紹介する方法で会社を合法的に即日退職出来たのでその方法をお伝えしちゃいます!

会社を即日退職する方法は2つある

① 会社と合意のうえ即日退職する

一つ目は、あまり現実的ではないですが、会社と交渉して即日辞める方法です。

やり方はいたってシンプル。

単純に会社に対して即日で退職したいという意思を告げて、会社がそれに合意したら即日退職することが出来ます。

ただ、そもそも論だけど、会社と交渉が出来る関係性があるならそもそも即日退職は考えない。普通に円満退職に向けて動いた方が今後のためでしょう。

これを読んでる人はぼくと同じできっとそんな状況じゃないですよね。ということでこの方法はパスしましょう。

② 退職届を一方的に提出し2週間後に退職する

今回紹介するのはこっちの方法です。

会社員として法的に与えられている権限を行使し、一方的に会社との労使関係を打ち切る方法です。これは違法でも何でもありませんので安心してくださいね。

ただ、「2週間後」とあるように、実は厳密に言うと即日退職ではありません。辞めたい!と思った日から会社には行かなくて済む方法なので疑似的な即日退職です。

いくつかポイントや条件があるので詳しく解説していきますよ!

退職届を一方的に提出し2週間後に退職する方法

全体の流れを確認

全体の流れとしてはこんな感じです。最短2週間、最長1ヶ月くらいですね。ただ、その間一切出社はしないのでそれは安心してください

退職までの流れ
  1. 退職届を出す
  2. 退職日は2週間以上後にする(理由は後述)
  3. 退職日まで有給休暇を使う
  4. 退職の手続きをメールと郵送で行う

必ず、退職日を2週間以上先にすること。有給が2週間分以上あること、などが条件になるね。

詳しい理由は後述するよ!

「退職届」を提出する

スタートはここになります。「退職願」ではなく、「退職届」です!ここは絶対に間違えないでください。

  • 「退職願」は会社に対して、退職したいことをお伺いしてるだけです。会社は断ることも出来てしまいます。
  • 「退職届」は会社に対して、労使関係を解約することを通達しています。会社は法的にも断ることができません。

「会社を辞める」決断をしたら、当日でも翌日でもいいので、まずは「退職届」を提出します。

退職届の提出先には充分注意してください。

必ず、会社の人事権を有している部署の部門長や、上司に送る場合でも、必ず人事権を持っているレベルの管理職(部長以上が望ましい)に提出してください。同僚に渡すとかはNGです。

提出方法は、書面でもメールでも大丈夫です。「退職する」という意思が伝わればどの方法でも法律的には認められます

ただ、「退職届」を出した、というエビデンスを残すため、テクテン的にはメールでの提出を推します。

文面はシンプルでOK。一応フォーマット置いておきますね。

件名:退職届

宛先:人事権を持ってる人

文面:

○○株式会社 代表取締役 ○○殿(← 書面上、社長の名前にすること)

私儀

このたび、一身上の都合により2017年XX月XX日をもって退職いたします。

なお、2017年XX月XX日までは年次有給休暇を取得いたします。

2017年XX月XX日
○○株式会社○○部 自分の名前

ほんとこれだけで大丈夫。

「退職届」という名義で、会社をいついつ辞めるよ、という意思表示がしっかり書かれていれば問題なし!

退職日を2週間以上後にしておく

テクテン

実はこれがめちゃくちゃ重要!

「退職届」で社員側から一方的に労使関係を破棄することは出来るけど、実は提出後、2週間以上先でないと成立しない。

したがって、必ず退職日は退職届を出す日から2週間以上後にしてください。

当然、社員に急に辞められたら会社としても困るので、引き継ぎ期間的なものを強制的に最長で2週間は取れる仕組みになっています。

逆に、2週間経過してしまったら、引き継ぎが終わろうが終わっていなかろうが、その時点で退職届を出していた人間は退職になります。

会社に訴えられるケースがあるのがこの2週間の問題。この期間に「ばっくれる」「無断欠勤」などをすると会社から損害賠償を求められることが現実的に存在します。それを回避するために有給を使います。

MEMO
社則に規制されていた場合は?

「退職時は1ヶ月前に会社に申し出を行い、引き継ぎを円滑に済ませてから退職しなくてはならない」みたいな社則がよくありますよね。これはあくまで「社則」です。会社側が勝手に作ったルールで、法律上は何の拘束力も持ちません。1か月前だろうが2ヶ月前だろうが、退職届という切り札を出せば2週間後には即辞めることができます。

2週間分の有給を申請する

今回は、2週間待たないと会社を辞めれないので、「2週間」という設定で話をしているけど、ここはあるだけ有給を使ってもOK。

テクテン

テクテンは1ヶ月フルで有給を消化したよ。その分給料も貰えるし、たくさん有給が余ってるならその分使うのもオススメ!

さて、ここで湧き出る疑問。

そもそも2週間もの有給を会社が認めるはずがない
ましてや退職するなら2週間引き継ぎをみっちりやらせるはず

確かにそうだよね。ですが問題なく取得できます。

第一に、会社は有給消化をそもそも拒否する権限はない

いろいろ会社のルールで縛ったり、人がいない、という理由でなんとなく取れないような雰囲気を醸し出していますが、会社側は有給取得を拒否する権利はありません。労働基準法違反です。

第二に、時季変更権は退職時の有給消化では利用できない

通常の有給申請は、例えばどうしても繁忙期だからという理由で時期を「すらしてもらう」ことは会社側の権利で可能です。ただし、退職ともなればずらす先がそもそもないですよね?従って、時季変更権を理由に2週間の有給を認めないのも労働基準法違反です。

以上の理由で有給を拒否することは出来ないので、安心して有給取得宣言をしてください。※退職届メール+会社に有給申請のフローがあるならそれを実施しよう

あとは退職日が来るまでは有給消化をしつつ、大事な次の事業への準備期間に充てちゃいましょう!

退職の事務手続きを行う

退職日になったら会社と退職の事務手続きを済ませてしまいましょう。もちろん、先に出来ることは有給消化中に実施しちゃっても大丈夫。

と言ってもやることはそんなに多くないけどね(;´・ω・)

退職の手続き
  • 貸与品など返却する必要性のあるものを返却する
    (社員証、会社用のケータイ電話、保険証、諸々)
  • 会社側から返却されてくるもの
    (年金手帳などあれば)
  • 会社側に送って欲しい書類などがあればその調整
    (離職票など)
  • 401kや持株会などの移管手続き
    (こちらも基本的には会社側から通達が来ます)

これらは基本的にすべてメールと郵送で事足りるので、人事部など、実際にやり取りするところとだけは少なくとも連絡が取れるようにしておきましょう。

これですべて完了!無事、脱社畜です。

1日も出社することなく退職は出来る

どうですか?

テクテンはこの方法で「会社を辞める!」と決意した日から1か月間、1日も出社することなく、脱サラしました。

ポイントのおさらいです。

ポイント
  • 「退職届」を出すこと(”願”ではNG)
  • 退職日を2週間以上先にしておくこと
  • 有給をその2週間分申請すること(実際は営業日分だけでOK)
  • 退職日になったら退職の事務手続きを行うこと

意外とすんなりでしょ?

人生は一度しかないんだよ

罪悪感?帰属精神?会社への迷惑?同僚への迷惑?

なかったと言えば嘘になるかなー。だって10年も働いた会社だからね。辞めると決断した時、嫁に辞めると宣言した時、やっぱり泣いたよね。

でもそれと同時に、「一刻も早く会社を辞めなくてはならない」とぼくに決断させたのも間違いなく自分のいた会社なんだよね。

だから一切の後悔はないよ。

あと、基本的に社員一人がやめようがやめまいが、何の影響もないよ。一人辞めたくらいでグラつく会社ならとうに潰れてるしね(笑)

テクテン

そんなことより、退職してこれから新たな人生を歩みだす準備のほうが大変。きっと昔のことのように忘れちゃうよ!

ではでは、テクテンでした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です