【Pixelmator】文字を二重に縁取りして更にボカす方法!

どやんすー!テクテンだよ。

MACの「Pixelmator」を使って文字を二重に縁取りして更にボカす方法を解説するよ!

ブログのアイキャッチやYoutubeのカスタムサムネイルで頻繁に見るんだけど、どこにもPixelmatorを使って作る方法が載ってないんだよね。

ないのならば作ればいい!の発想で自力で編み出しましたw

やり方は簡単なのでぜひマスターして使ってみてください!

完成イメージ

こんな感じの文字を作っていきますよ。文字の浮き出た感じがめっちゃカッコいい。

それではさっそく作り方を解説していく!

文字の縁取りをボカそう!

工程は全部で5つのパートに分けてあるよ。

レイヤーを使ったり少しだけ複雑だけど、しっかり説明していくので一緒にやってみよう!

1.文字をシェイプ化しておく

まずは対象の文字を縁取ってシェイプ化させておきます。

文字の縁取り方法、シェイプ化は下で紹介している記事の方法と同じなので参照してね。

【Pixelmator】文字を二重の縁取りにして目立たせる方法!

2.文字の選択範囲を読み込む

シェイプ化まで完了したら、文字の選択範囲を読み込みします。

文字レイヤーを選択した状態で、「編集」→「選択範囲の読み込み」をクリック。

これで文字の縁取りを含めた状態で選択されたね。

3.新規レイヤーを追加する

新しいレイヤーを一枚追加していきましょう。

メニューの「レイヤー」→「新規レイヤーを作成」をクリック。これで新しいレイヤーが追加されます。

追加されたレイヤーが一番上になってるので、これを文字レイヤーの下に移動させてください。

4.選択範囲を縁取りしていく

新規レイヤーに対して縁取りを追加する作業。

追加した新規レイヤーを選択した状態で、メニューから「編集」→「線」を選択。

縁取りを設定するウィンドウが出てくるので、好きな色で調整しましょう。「位置」は「外側」を選んでおくと綺麗に仕上がるよ。

こんな感じで文字が二重に縁取りされますね。

5.ガウス処理を行って完成!

さぁ最後の処理。ここがボカシのポイント。ガウス処理を施していきます。

新規レイヤーを選択した状態で、「エフェクトブラウザ」から「ガウス」をチョイス。

「半径」は好みだけど、5〜7pxくらいがちょうどいい感じにボケるよ。

完成です!お疲れ様でした\(^o^)/

文字の縁取りをボカして際立たせる方法まとめ

「文字の縁取りをガウスでボカす」というちょっとしたテクニックですが、これを使ったロゴはやはりカッコいい。

簡単にそれっぽく見せることが可能なので、ぜひマスターしてください。ブログやYoutubeをやってる人に特におすすめです!

もっと簡単にできるよ〜!という方法をご存じの方はコメント欄で教えてくださいな。

そいぎんた〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です