新型ホンダN-BOXカスタムが「買い」な5つの理由

ども!テクテンです!この記事の写真撮影のために、慌てて洗車してきたよ。

2017年8月31日に「Honda N-BOXシリーズ」が約6年ぶりにフルモデルチェンジされました!日本で最も売れてる軽自動車なだけにとても注目度は高いですね。

テクテン

ぼくもこのタイミングでLifeから新型N-BOXカスタムに乗り換えました!

この新型N-boxカスタム、ほんと素晴らしい乗り心地。控え目に言っても「間違いなく”買い”」ですよ!出かけることが本当に楽しくなります。

今回は1ヶ月半ほど乗ったのでここが良い !っていうところをガッツリまとめたよ!

▼観点は以下の5つを中心に「買い」な理由を解説!

  1. デザイン性
  2. 安全快適性
  3. インテリア室内空間
  4. 初代N-Boxカスタムとの比較
  5. リセールバリュー

これから乗り換えを検討している方、新型N-BOXカスタムに少しでも興味がある方、ぜひ参考にしてみてください。それでは行ってみましょう!

ぼくが買ったN-Boxカスタムはコイツだ!

我が家で購入したのは、N-BOXカスタムの「G・L Honda SENSING」というグレード!カスタムの中では一番お手頃な値段のタイプをチョイスしたぞ!

8月中旬くらいに契約して、納車が9月上旬。1ヶ月弱くらいで納品されたよ。

AZU

嬉しくて届いた初日に佐賀から博多までラーメン食べに行ったね♪

テクテン

うん!ぼくはその後腹が痛くなったんだ・・・いい思い出だよ

▼総額いくらだったのかはこの記事で。
新型ホンダN-BOXカスタムの最終見積もりを大公開!

その1:圧倒的に引き込まれるデザインの完成度

ぶっちゃけ見た目が最高にイカしてる!

見た目は最も重要視したよ!どんなに性能が良くても、見た目が気に入らないと乗る気も起きないからね。

ド迫力なフロントフェイス、躍動感のあるテールゲートスポイラー、重厚なスクエアフォルム。どの角度から見てもお世辞抜きでカッコいい!!

一般的にカスタムは男性向けデザインと言われてる。だから、「少しだけやんちゃなドレスアップしたいな」と思ってる方にこそマジでおすすめしたい。デフォルトでこれだけパーツが揃ってるからね!

全体的なデザインは基本的に先代からのキープコンセプト。しかし、さらにブラッシュアップされてるのでシャープさが一段と増してるんだよ。

▼特にフロントフェイス。やばい!

新型と旧型の比較画像。

どうよー?「キリッ」としてるでしょ新型!旧型ももちろんカッコいい。厳つくて迫力あるし。ただ、新型がさらなる高みに到達してしまっただけのこと。

30過ぎたおっさんだけど、やっぱり心底カッコイイと思った車に乗りたい!そんな欲をしっかり満たしてくれる。めちゃくちゃ大満足だよ!

白はボディを極限までデカく見せる!

N-BOXシリーズで人気のカラーはやっぱり白や黒などのベーシックなもの。体感で、街で見かけるN-BOX系の半分くらいはこの二色のどっちかって言うくらい多いよね。

もちろんぼくのオススメも白!「プレミアムホワイト・パールⅡ」ってやつです。

N-BOXカスタムのボディは軽自動車の規格ギリギリめいっぱい使ったデザインでめちゃくちゃ車体がデカい!ただでさえデカいのに、そこに白を合わせることにより、膨張色でより一層デカく見える!

もう軽自動車にとは思えないくらいデカいよ。ホンダのディーラーさんも納車の時に「やっぱ白デカいっスね!!」と驚くくらいだからね。

小回りの効く軽自動車。だけど男ならデカい車に乗りたいっしょ!そんな相反する2つのニーズを満たしちゃうのがN-BOXカスタム「白」の魅力。

「シーケンシャルターンシグナルランプ」で目立っちゃう!

長ったらしくて分かりにくい名前だけど、いわゆる「流れるウィンカー」のことです。

なんと、軽自動車では今回のN-BOXカスタムで初めて搭載されたんだよ!!

▼こんな感じで流れるように光る!

Youtubeにあったので拝借させていただきました。

夜の道路で信号待ちで並んでいる時にウィンカーを出してみよう。前の車にこの流れるウィンカーが映し出され、あまりの美しさにうっとりするんだよね。

この流れるウィンカーは今まで一部の高級車にしか搭載されてなかったもの。これが軽自動車で味わえるというのは正直うれしい。ありがとうホンダさん!

その2:Honda SENSINGが標準装備されちゃった

これはホンダの革命だよまさに。

軽自動車に「Honda SENSING」が初搭載された。しかも、ホンダの最上級車レジェンドとほぼ同じレベルの機能を付けちゃってる!!ぶっちゃけ、レジェンド以外の普通車はN-Boxカスタムよりも機能が制限されたSENSINGになってます。

運転歴20年近いのに、いまだに運転が嫁より下手なぼくにはマスト機能なわけですよ。

ACCが本気で搭載されてしまった!!

ACC=アダプティブクルーズコントロール(通称:クルコン)

これがヤバイ!!!

今まではN-BOXの中でも最上位グレードのターボ車にしか搭載されていなかった「クルコン」が標準搭載されちゃったんだよ!しかも、ただのクルコンではなくACCっていう「追従型」にパワーアップしています。間違いなく「Honda SENSING」の目玉と呼べる機能でしょう!

テクテン

マジで革命だと思うこれ。高速道路はほぼ自動運転に近い!
長距離運転の疲労感が全く違うんだよ・・・。

同じく、Honda SENSINGに搭載されている、「LKAS=車線維持システム」と「ACC」の相乗効果が半端ないです。

ACCでアクセルから開放され、LKASでハンドル操作もほぼ不要になります。つまり、限りなく自動運転に近い状況になるわけですよ!!!

どんだけ未来行っちゃってるんだよホンダさん(;´Д`)

断言できます。

ACCとLKASは一度知ってしまうと絶対に手放せなくなります。それくらい中毒性というか、快適性が桁違いです。

オートハイビームで夜間も楽々!!

うちは田舎住まいだからね、それこそ暗い山道とかもけっこう通る。そんなときオートハイビームが地味に便利なわけなんですよ〜!

▼機能は至ってシンプル

  • 前方車がいないと自動でハイビームに切り替える
  • 対向車が来るとこれまた自動でロービームに切り替える

実はぼく、ロービーム・ハイビームの切り替えが苦手なんだよね。山道のカーブがきついところだとハンドル操作に集中してしまってライトの切り替えまで手が回らなくて困ってた。これがあればそういった煩わしさからも解放してくちゃうわけですよ!

「事故に遭わない社会の実現」というホンダのミッション

テクテン

実はこれが一番心を動かされたポイントかな!

テクテン家がホンダに傾倒する大きな理由になった一つ。ホンダは「Safety for Everyone」という思想を持っています。

その思想のもと、「事故に遭わない社会」の実現に向けて、すべての車種に「安心・安全機能のHonda SENSING」を搭載してるんです。軽自動車だからと言って、決して手を抜かない。

昨今、自動車事故の凄惨なニュースは後を絶たないよね。ぼくは被害者にも加害者にもなりたくないのです。

参考 全タイプに先進の安全運転支援システム 「Honda SENSING」を標準装備HONDA公式サイト

その3:ミニバン並みの居住空間

175㎝90㎏のぼくでも広々快適な空間!

軽自動車だとどうしても「狭い」っていう印象ないかな?ぼくもそうでした。その価値観、180度変わっちゃいますよ?

試乗の段階から「スゲー!」って思ってたんだけど、N-BOXカスタムはめちゃくちゃ室内広いです。175㎝90㎏とち巨体なぼくでも余裕をもって運転席に座れるレベル。

ちゃっかりアームレストまでついちゃってさー。「これ本当に軽なの!?」と思わざるを得ない豪華な仕上がり!

後部座席は更にヤバい広さ!

大人でも余裕で足組み出来るほどのスペースが確保されています。試乗で後部座席乗ったときは衝撃で思わず笑っちゃったからね。「ちょw 広すぎだろこれw」って。

元自動車関係の仕事をしていた嫁さん曰く、

AZU

ミニバンに乗ってるのかと思うくらい広い!!

とのことですよ!

遠出して車でご飯食べるときなんかはもっぱら後部座席に移って食べています。家族のファーストカーとして、後部座席に友人や両親を乗せるときも本当にいいですよ。狭い思いをさせずに済むし、「広っ!!」って絶対みんな驚いてくれるからね!

フレキシブルなリアシート空間

後部座席は「ダイブダウン機構」と言ってフラットに折りたたむことが出来ちゃいます。簡単に言うと、運転席の後部にとても広い積載空間が出来上がりますよ、という機能です。

画像をちょっと見てほしい。

これは先日リサイクルショップで、約70kg分のダンベルと専用のベンチを購入し、さらに大量の洋服やらなんやらをぶちこんでみた時のリアシート状況。すごいっしょ!

こんなに積んでも空間的にはまだまだ余裕。自転車とかもガンガン積めちゃいますよ。キャンプ用品なんかを入れてもいいかも!

その4:着実に先代モデルからグレードアップしている

確実に燃費は向上している!

既存のN-BOXシリーズの最大の弱点、「燃費問題」。

今回の新型では、9割のパーツを見直し、なんと驚きの約80㎏の軽量化が実現されてます!

テクテン

ちょっと!80㎏って成人男性1人分だよ!?まるまる1人分軽くなっちゃったのかよ・・・すごすぎ。

じゃぁカタログ値はどうなったか?数値的には「旧型:25.6km」だったのが、「新型:27.0㎞」にパワーアップ!!

詳細はこちらの記事にUPしてるのでチェックしてみてね!

新型ホンダN-BOXカスタム、実際の燃費はどのくらいなんだ!?を検証!

旧型よりも視界が更に広くなっている!

乗ってまっさきに驚くのは先述した室内の広さと、もう一つが「視界の広さ」です。この視界の広さはN-BOXシリーズの売りの一つでもあるよね。

新型になったことで更に改良され、なんと旧モデルから27mmもピラーが細くなりました!

「たった27mm??」とか思わなかった?いやいや、この3cm弱の広がりはかなり違うんですよ。

ぼくは新型N-BOXカスタムの購入前に、旧型N-BOXにも試乗しています。どちらも運転席を経験してるけど、たったこの3cm弱の改良でもかなり視野の広がりが違うんです。

ハッキリと座ったときに運転のしやすさ、前方の見やすさを認識できます。特に、右折・左折時の見やすさがとてもいい。眺めのいい運転席、最高にいいですよ?

LEDヘッドライトの全車標準搭載の実現!

旧モデルではオプション扱いだったLEDヘッドライトが全車種に標準搭載されています。しかも、カスタムでは「9灯式フルLED」が採用されていて、めちゃくちゃ明るく夜間の視認性も抜群。

書籍「N-BOXのすべて」のインタビュー内で、搭載までの経緯が語られていますよ。

このLEDヘッドライト全車標準装備についてはホンダ開発陣内でおよそ1年間も議論を続けたとのことです。営業的なリスクもあったが、ユーザーにとっての最善が何かの結論が今回の全車標準装備だったようです。

揉めに揉めて、最終的にはユーザーファーストを選択するホンダの精神。嬉しいですよね。

LEDとハロゲンランプとでは、明るさ・視認性がまったく違います。安全性・快適性に直結するヘッドランプだからこそ、この標準装備の英断は本当に素晴らしい。

メーター類の位置が改善された!

旧型N-BOXカスタムから大幅に改善されたのがこのメータ類の位置。

旧モデルのインテリアで唯一ぼくが納得出来なかったのがこのタコメーターの位置だったんだよね。以前のメーターはハンドルに丸かぶりして見づらかったし、立体的な三眼メーターがマジでダサかった!それを見事に修正してきたホンダ。

今回のはめちゃくちゃいいぞ!

ステアリングとかぶることもなく、フラットなデザインで運転中でもかなり見やすい。やればできるじゃないですかー!

その5:リセールバリューが抜群に良い

四度の年間軽自動車販売打数No1という実績

2011年に初代N-BOXが発売されて以降、四度の年間軽自動車販売台数No1に輝いています。

「ドル箱中のドル箱」と呼ばれるくらい売れに売れまくっています。まさに金のなる木、を体現化した商品。今回も前モデルを踏襲したキープコンセプトデザイン。人気が出ないわけがないんだよね。

中古購入も視野に入れていたが・・・

実は、買い替えを検討していた段階のころは、中古車も視野に入れてたんだよね。

新型モデルの詳細もまだ分からないし、当時の現行モデルのN-BOXカスタムにも充分に魅力を感じていたから。だけど、中古車市場を覗くと・・・

テクテン

ほぼ新車と値段変わらないやんっ!

という現実を目の当たりにしたわけですよ。

もちろん、高額オプションの付加価値がついていたり、ドレスアップが凄かったりとそれなりの理由がある車もあったけどね。「同じ金額出すなら新車の方が絶対いいよね」→「同じ新車なら新型の方がいいよね」ってことで今回新型N-BOXカスタムを購入したという流れ!

やっぱり高く売れるに越したことはない

そうなんです。

圧倒的な人気を持つN-BOXシリーズは、中古でもとても高額な値段がついちゃうんです。つまり、リセールバリューが極めて高い商品ということになるね。

仮に、5年後10年後、いつか車を手放す時が来た時に、少しでも高く売れて次の車購入の助けになってくれる。そういう健気な車なんですよ。

Nのある生活、はじめませんか?

新型N-BOXカスタムが「買い」な5つの理由、いかがでしたしょうか?もう一度理由をまとめておくよ!

  1. 圧倒的に引き込まれるデザインの完成度
  2. Honda SENSING の標準装備
  3. ミニバン並みの居住空間
  4. 着実に先代モデルからグレードアップしている
  5. リセールバリューが抜群に良い

ぼくも「軽自動車なんて・・・」と思ってた時代があります、はい。それをいい意味で叩き割ってくれたのがN-BOXシリーズなんだよね!

すべての人が安全に快適に走れることを提供しようとする、ホンダの自動車にかけるスピリットは本当に素晴らしいです

一人のユーザーとして、本当にお勧めしたい車です。カッコいいし、オーナーとしての所有欲も満たしてくれますよ。

テクテン

何よりも、運転が苦手だったぼくに、車で出かけることの楽しさを教えてくれたこいつに心の底から感謝!

あなたもNのある生活、はじめてみませんか?

▼旧型N-Boxカスタムと新型N-Boxカスタムはここが違う!
新型N-Boxカスタムが初代からパワーアップした11個のポイント!

▼オプションは最低限これを積んでおこう!
新型N-Boxカスタムを買うならはじめに付けておきたい定番オプション

▼残クレローンはちょっと難ありかも!
新型ホンダN-BOXカスタムは絶対に残クレローンで買ってはいけない!

▼9ヶ月経ってもいいものは良いんだよ♪
新型N-boxカスタムに乗り換えて9ヶ月経ったので乗り心地をまとめる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です