新型ホンダN-BOXカスタムの最終見積もりを大公開!

こんにちはテクテンです!

2017年8月31日にホンダのN-BOXシリーズがフルモデルチェンジしましたね。

ぼくもそのタイミングで買い替えちゃった一人です(笑)

さて、新モデルの発売時はどのディーラーも値下げはほとんどしない、って言われてるよね。

ネット上では、値引き額は「3万が限界」とか「5万で合格」とかいろいろ噂されております。

みんなはどれくらい値引きを引き出すことができたのか!?

とっても気になるよね(;・∀・)

ってことで、今回はぼくが取った最終見積もりを大公開しちゃうよ!

これがぼくの新車購入の戦いの全記録だっ!

これから買い替え、購入を検討されてるって人もぜひ参考にしてみてね。

うまく行けば、値下げ交渉も可能かも!?

それじゃさっそくいってみよう!

ターゲットはN-BOXカスタム「G・L Honda SENSING」

ぼくが購入対象としているのはこちらのグレード。

最もベーシックなモデルなんだけど、ドノーマルで1,698,840円・・・!?

テクテン

ふ、普通車かな?(#^ω^)

さてここからどれくらい値引きできるかな〜

期待と不安が入り混じりつつ、ビビりながらHONDAカーズへ向かうのでした。

初回の見積:軽く200万を突破してくる・・ orz

【付属品明細】欄の○とか☓は気にしないでください。

うちで要るか要らないか検討したときにつけたものです。恥ずかしい・・・。

まずはディーラーさんに希望などいろいろヒアリングを受けます。

初回交渉なので、かるーく「買い替えの意思がある」って旨は伝えました

ただ、車種はホンダにするかマツダにするか、はたまたSUZUKIにするのか?

「ライバル社の商品とまだ迷ってるんだよね」、という常套手段を使いました

もちろん予算もいくらかは明かさなかったよ。

(ガチでこの段階では予算決めてなかったってのもある)

で、一発目に出てきた見積もりの総支払額は・・・

軽く200万円を突破(白目

まぁ予想はしてたんだけど、軽自動車も凄い時代になったよねぇ・・・。

金額を見てヘラヘラ笑っちゃったよぼく(;・∀・)

写真を見てもらうとわかるけど、今回の見積もりはオプションがモリモリで盛られてる。

ナビもホンダ純正の最上位ランクのやつだしね。

オプションでどれが必要かの検討も要るし他社さんの車も見たいということで、次回の訪問の約束をしていったん解散。

ディーラーさんからも値引きの話しは今日はなかったね。

初回だし、まだ時期尚早という判断なのかもしれない。

次回に期待します!

二回目の見積:値引きとオプション削減で206万まで下がった!

1週間後、二回目の訪問!

今回はディーラーさんめっちゃ気合入ってるw

ものすごい勢いでセールストークを放り込んできます!

「誕生日が一緒なんです!」、「使ってる財布のブランドが同じです!」などなど。

別に悪い気はしなけど、なにもそこまでしなくてもいいと思うよw

さて、今日はこちら側から検討したオプション要否の結果と、他社(実際は行かなかった)の状況などをディーラーさんにお伝えしました。

それらを加味し、再度見積もりを出してもらったよ。

ドキドキするなー!

テクテン

よっしゃ来た!5万円の値引き入ったぞ!!

(見積書左側の車両本体価格②のところがそれです)

トータルで2,066,156円まで下がった。

初の値引きに加え、要らないオプションをゴリゴリ削ったからね。

しかし、まだ2回目の交渉なのに合格ラインと言われていた新型モデルの値引き「5万円」が早々に出てしまった・・・。

「ほんとに限界が5万円なのだろうか?」と、そんなことが脳裏をよぎる

ただあんまりしつこく食い下がるのもよろしくない。

今後の良好な人間関係の構築に影響しそうなので今回はやめておこう。

引くのも重要である。

ここでハンコは押さなかったよ!

実際には、ほぼほぼグレードやオプションは固まってたんだけど、ナビだけ純正か社外にするか本気で検討中だったし。

そんな感じで保留にさせてもらいました。

次回もまた1週間後の訪問を約束し、今日は撤収します!

最終見積:もう一声あった!ついに200万円台を切る!!

いよいよ三回目の訪問!

一般的に新車購入の交渉は3回、って言われてるよね

これが最後になるのかなぁ~とぼくもドキドキしながらの再訪問。

ん?今日はなぜかいつもと違う神妙な面持ちで迎えてくれるディーラーさん。

何かあったのだろうか・・・?

とりあえず、前回保留にしていたナビの件をこちらから伝えます。

嫁の強い要望もあり、最終的には社外製品(カロッツェリア)を搭載することにしたんだよね。

これはすんなり了承してもらえた。

ナビを社外にしたバージョンの見積もりを用意してもらう。

見積もりを出しながら、おもむろにディーラーさんが口を開いた。

「テクテンさん!今回これで決めていただけないでしょうか!?」と切り出されました。

ぼくも見積もりをチェック。

ナビをホンダ純正ではなく社外製品にしたので、見積もりのトータル金額はその分下がっていた。

だが、ここですんなりOKするほど元関西人のぼくは甘くないぞ!!

ここはあえて険しい表情をしながら、ぶっこんだ。

「ぼくもね、今日契約したいと思ってるんです。だからもうちょっと安くなりませんか?」

切り札、「契約をちらつかせる」を発動しましたw

「分かりました・・!少々お待ちください」そういって、奥の方に消えていくディーラーさん。

待つこと10分くらいかな。

もう一人知らないディーラーの方を同伴させて戻ってきた。

なんか風格のあるビジネスマンです。

「店長の○○です」

おお・・!店長さんまで出てきてしまった。

(;・`д・́)…ゴクリ

「テクテンさん、これが限界です。どうかこれでお願いできませんでしょうか!!」

新しい見積もりを渡され、二人に頭を下げられました。

テクテン

出たぞ!!8万円の値引きだ!!

(見積書左側の車両本体価格②のところがそれです)

200万円の大台も切れたし、ぼくもここでハンコを押しました(`・ω・´)ゞ

新型ホンダN-BOXカスタムの最終見積もりまとめ

最終的な見積もり結果は、1,946,040円 になったよ!

新型モデルで8万円の値引きできたのはまぁまぁ良い方なんじゃないかな

ディーラーの方、本当にご対応ありがとうございました。

値引きのポイント
  1. 他社のライバル製品と迷ってることをさり気なく見せる
  2. 値下げしてくれたら契約してもいい雰囲気を出す
  3. そのお店で最終意思決定権を持ってる人が出てくるまでは粘る

よく言われることだけど、値下げしてもらうポイントとしてはこんなところ。

一番大事なのは、相手(ディーラーさん)も人間だってことを理解すること

横柄な態度だったり、時間を守らなかったり、客として売る価値がないと判断されたら値下げする気もおきないでしょう。

「このお客さんいい人だな、少しでも安く売ってあげたいな」

そう思ってくれたら勝ちなわけですよ 。

さて、いかがだったでしょうか?

これから購入を検討されてる方、一つの目安にしてみてね!

新型N-boxカスタムに乗り換えて9ヶ月経ったので乗り心地をまとめる新型ホンダN-BOXカスタムが「買い」な5つの理由新型ホンダN-BOXカスタム、実際の燃費はどのくらいなんだ!?を検証!新型ホンダN-BOXカスタムは絶対に残クレローンで買ってはいけない!新型N-Boxカスタムを買うならはじめに付けておきたい定番オプション

ではでは、テクテンでした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です