「MobiMover」iPhoneの中身を見ながらデータ移行が可能なアプリ![PR]

どやんすー!テクテンだよ。

今回はiPhoneデータ移行ソフトであるEaseUS MobiMover(MAC版)を紹介するよ!

みなさん、iPhoneのバックアップやデータの移行ってどうしてますか?きっとほぼ100%の人が「iTunes」使ってますよね。

でも、iTunesだと「このファイルだけバックアップ取りたい」とか「この画像や音声メモをPCに取り込みたい」だとか、細かいデータの移行は正直やりづらい。

そんなときにオススメなのがこの「MobiMover」なんです。

「MobiMover」はかゆいところに手が届く、細やかなバックアップやデータ移行が可能!ぜひチェックしてみてね!

「MobiMover」の3大機能をザックリ解説

  1. 1クリック転送
  2. データバックアップ機能
  3. 動画のダウンロード

MobiMoverには大きく分けてこの3つの機能が搭載されているよ。

「1クリック転送」と「データバックアップ機能」の2つはMobiMoverの根幹とも言える機能。iPhoneのデータをあらゆるパターンで移行することができる

付帯機能として「動画のダウンロード機能」もついてくるよ、というイメージかな。

ではそれぞれの機能を詳しく解説していくぞ!

1クリック転送で簡単にデータ移行ができる!

1つめ。とても便利な1クリック転送を見ていこう。

転送パターンは3種類

  1. iPhone(iPad) → iPhone(iPad)
  2. iPhone(iPad) → MAC
  3. MAC → iPhone(iPad)

いろんなパターンがあるんだけど、要するに手持ちのアップル製品なら双方向にデータ移行が可能ってわけ。

新しくiPadを買って、iPhoneからデータを移したいとか、MACで使ってるデータをiPhoneにもコピーしたいとか、そういったことが簡単にできちゃいます。

ピンポイントの転送が可能に

実際にどんな感じで転送が可能なのか見せちゃいましょう。

例えばiPhoneからMACにデータを転送する場合。iPhone内にある「画像」、「音声」、「動画」、「その他」の4つの形式で選択することが可能です。

しかも、それぞれの形式で更に細分化してチョイスするのもOK。例えば音声なら「ミュージック」、「ボイスメモ」、「着信音」、「オーディオブック」といった感じで細かく別れているよ。

試しにボイスメモを転送してみた!こんな感じでデータ移行は1発でOK!

iPhoneの中身が丸見え?選んでバックアップ!

2つめ。実は1つめの「1クリック転送」をより便利に強力にした機能です。なんと、iPhoneのデータの中身を見ながらバックアップを取ることが可能!

「必要なファイルだけ」ピックアップ

まずバックアップを取れるファイルは大きく分けると3種類。

  1. 音声
  2. 画像
  3. 動画
MEMO
これ以外にも、「連絡先」や「メッセージ」などのバックアップももちろん可能です。

例えば「画像」は「写真」と「アルバム」に分かれています。

更に、iPhone内にある「写真」を見ながら、どの画像をバックアップ取るか選べちゃうんですよ!これがめちゃくちゃ便利。

写真だけじゃないですよー!音楽も曲単位で選べるし、動画もそれぞれの動画ごとに選択できるよ。

「今、必要なファイル」だけを選んでサクッとPCにバックアップしたり、他のiPhoneに転送したりといったことを実現できるんです。最高だね!

iTunesにはない特別な機能

iPhoneのバックアップはiTunesを使っている。そういう人が多いのではないでしょうか?

もちろん、iTunesにはiTunesの強みがあるのでそのまま使うべきです。

ただ、

  • Apple端末同士でのデータ移行を頻繁に行う
  • 特定の画像や音楽などのファイルをピックアップしてデータ転送するという機能
これらはiTunesにはない「MobiMover」独自のスペシャルな機能

iTunesと使い分けていけば、より便利にデータ管理が可能になりますよ\(^o^)/

おまけにダウンロード機能も付いてくる!

データ転送・バックアップ以外にも、「動画ダウンロード機能」も付随しちゃってます!お得だよね〜。

試しにぼくが動画サイトに投稿したものをダウンロードしてみた。バッチリ保存できてるね。

いろいろな動画投稿サイトに対応しているようなので、気になる人は試してみてね!

Caution
動画ダウンロード機能は、iPhoneを繋げている状態でないと使うことができません。単独でも動くようにしてくれればより便利なので、今後のアップデートに期待したいところ。

MobiMoverの入手方法とライセンス形態

EaseUS MobiMoverはAppStoreでは手に入らないので、入手方法とライセンス形態をまとめておくよ。

ダウンロードはEaseUSの公式HPから

EaseUS MobiMoverの公式HPからダウンロードできるよ。

MAC版、Windows版、ともにダウンロード可能なので自分のプラットフォームに合ったほうを選択しよう。

無料版と有料版の違い

MobiMoverには無料版と有料版の2つのエディションが存在している。各エディションの違いはザッとこんな感じ。

賢明な読者の皆さんなら既にお気づきではないだろうか。

そうなんです、ぶっちゃけ、無料版でほぼ全ての機能を使うことが可能なんです!!

  1. Apple製品間でデータ転送可能な1クリック転送
  2. 必要なファイルを選択できるバックアップ機能
  3. あると便利な動画ダウンロード機能

これらすべてを無料版でも使うことができちゃう。EaseUSさん太っ腹〜!

無料版を使って気に入ったら有料版の購入も検討してみてください。なぜなら「永久無料アップグレード」がついてくるから。

無料版の機能がずっと使えるとは限らないし、いいアプリだったら長く使いたいからね。

MobiMoverでより細やかなデータ管理を。

さて、今回ご紹介したiPhoneデータ移行ソフトEaseUS MobiMoverいかがだっただろうか?

iTunesはぼくも使ってるけど、あくまで「バックアップのみ」なんだよね。機械的に「丸ごとバックアップしとくかー」みたいな感じでやってる。

その点、MobiMoverなら、欲しいファイルを狙い撃ちしてデータ移行できるし、逆にMACからのデータ転送もピンポイントで送れるので使ってみると超便利。

無料版もあるし、まずは一回その便利さを体験してみてくださいな!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です