普通に使える「LINEモバイル」に乗り換えない理由がもはや存在しない。

ども!テクテンです。

LINEモバイルに乗り換えて2週間ほど経過しました。日常で実際に利用してみて、「もっと早く乗り換えればよかった・・・!」とガチで思っています。

格安MVNOが出た当初は、ぼくも「どうせ安かろう悪かろうでしょ」、「某光回線みたいにクレーム祭りになるんじゃない?」とイメージはめっちゃ悪かったです。

そんな中、今やインフラとして欠かせなくなったLINEがこの業界に参入。その品質の良さ、料金体系の分かりやすさ、節約効果の高さ、LINEやSNSとの相性の良さに心を動かされ、ついに乗り換えちゃったという訳です。

もうキャリアに縛られる理由が本当になくなってます今。今後は「SIMフリー端末+格安SIM」が主流になるのは間違いないでしょう。

なので、キャリア選びの一環として「LINEモバイルこんなにいいよ」、ってところ実際に使ってるユーザーの立場で伝えていきます!

キャリアに引けを取らず「普通」に使える

声を大にして言いたいのがこれ。「普通」に使えるよ、ってこと。

ソフトバンク時代はこれが出来たのに、LINEモバイルではこれが出来ない!っていうことが発生してしまうのが、ぼくも一番心配してた。

例えば、「電話が繋がりにくい」、「ネットが繋がりにくい」、「メールが使えない」などなど。どれもケータイとして必要な機能ですよね。

LINEモバイル、この辺一切心配ないです。

普通に使えるLINEモバイル
  • 「電話」ちゃんと使えます。
    むしろ「docomo」回線などで日本で最も安定している。
  • 「ネット(LTE、4G)」使えます。
    むしろ格安SIMの中ではかなり速い方です。
  • 「メール」使えます。
    SMSいけます。Gmail、Yahoo!メールなどフリーメールも今まで通り。
    ※キャリアのEメールだけはありません。
  • 「SNS」使えます。
    LINEに至っては、ID検索が使える唯一の格安SIMです。
    LINE、Twitter、Facebook、Instagramなど通信制限なしのコースあります。

このように、乗り換えて、キャリアでは今まで出来てたことが出来なくなって困る、っということはまずないです。うちは、嫁と二人と乗り換えましたが、二人ともこれ失敗したな!っていうのがありません。

ほんとに、乗り換えてもほぼ影響がありません。

もっと掘り下げていくよ!

回線エリアと通信速度

ソフトバンクユーザーだったぼくにとって、docomo回線に変わったのは正直めちゃ嬉しい。ソフトバンクってちょっと地下に入ったりビルの奥に入ると繋がらないケースが多々あったんだけど、docomoはめっちゃ繋がる。

これだけでも乗り換える価値があるくらい回線エリアがdocomoと同じというのはメリットになる。

テクテン

気になる通信速度も見てみよう!

【2017/12/2(土) 21:00 計測】

夕飯食べ終えてスマホ見ながらリラックス時間だよね。そんな回線が込み合う時間でも「1Mbps」確保。ゲームしたりSNSしたり、動画見たりするのには充分な回線速度ですね。

MEMO
下り速度はどのくらいがいい?

下り1Mbpsの通信速度は、YouTubeの標準解像度(480p)の動画を止まることなく視聴できるといわれています。

更に、回線が混まない時間帯でのLINEモバイルの速さは尋常じゃないぞ。

【2017/11/22(水) 04:00 計測】

驚異の「78Mbps」。うちの光回線の有線接続時のスピードすら遥かに超えてきます。

回線エリア、速度、ともにLINEモバイルは優秀です。

SNSは使い放題プランを活用せよ!

LINEモバイルの特徴が、各プランで、SNS使い放題がついてくるってところ。

殆どの人が選ぶであろう、コミュニケーションフリープランは、4つのSNS(LINE、Twitter、Facebook、Instagram)使い放題

この4つに関しては、どれだけ使っても、月のデータ使用量にカウントされないというシステム。

万が一、月のデータ使用量がオーバーして制限がかかったとしても、この4つに関しては制限を受けることなく使い続けることが出来る。

LINEはもはやインフラとしてマストツールだし、TwitterやFacebookで情報発信出来なくなることもない。

他にも、こんなプランもあるよ。

LINEフリープランはLINEだけが使い放題になるもっともお手頃価格なプラン。MUSIC+プランは、さっきのコミュニケーションフリープランに加え、更にLINEミュージックも使い放題になるという豪華版。

自分のライフスタイルに合わせて必要なプランを選べるのがいいね。

月5000円は節約できる最強SIM

キャリアに引けを取らないことはこれで少しは伝えられたかなとは思うけど、ここで浮かんでくる疑問。

ボッコちゃん

それなら、キャリアにわざわざ高いケータイ料金を払う必要性もうないやんな・・・??

テクテン

そう、品質が同じなら安い格安SIMを使った方が絶対お得になるんだよね

圧倒的にコスパがいいのがLINEモバイル。

実際テクテンも毎月10000円近くかかっていたソフトバンクのケータイ料金が、LINEモバイルだと「2573円」に大幅プライスダウン。これ5000円どころの節約じゃないね。

月に一気に5000円以上も節約できる技ってそうそうないよ。しかも、固定費だから何かを我慢したりして節約する必要もない。

テクテン

もう本気で乗り換えないと損をする時代が来ているね

LINEの料金シミュレーションはここで出来るよ!

テクテンの場合の詳細な試算はこの記事に。

「LINEモバイル」は割賦金が残っててもお得なの?シミュレーションしてみた!

キャリアのショップって本当に要る??

AZU

と言っても、キャリアの強みは全国にショップがあることじゃない!?いつでも相談が出来るよ!

テクテン

確かにお店が各地にあるのは強みだね。でもよく考えてみて欲しい。

本当にお店に行く必要性ってあった?

ショップに行くとき
  • ケータイのプランを変更したい
  • でもそのプランがどれにすればいいのか分かりにくい
  • だからショップへ行って実際に聞いてみよう
  • あーショップがあって助かった!

って流れじゃない?

AZU

うーん、確かにそうね。

今年も何回かショップに行ったけど、プラン変更と名義変更だけだったわね

docomoにしてもauにしてもソフトバンクにしても、複雑な料金体系に、細かいオプションを用意し、普通に見ただけではいったいどれが自分に合っていて、どのプランを選んだらいいのか分からないように出来ているよね。

そうすると、必然的に有人でのサポートが必要になってくる。つまり、店舗の存在に意味があるということになるよね。

こう考えると、ショップって「意図的に作られた需要」のもとに存在しているサービスと言えるよね。もっとシンプルに、誰でも分かる料金体系、仕組み、使い方にすればそもそもショップなんて必要ないからね。

このようにLINEモバイルはいたってシンプル。プランは用途に併せて3つのみ。オプションも分かりやすくまとめられているよ。

ぼくが他の格安SIMと比較して、LINEモバイルが「明朗会計」で「誰でも分かりやすいプラン」であったというのも選んだ大きな理由の一つなんだよね。

まとめ

メリットをおさらいしてみましょう。

乗り換える理由
  1. キャリアケータイと比較しても遜色のない使い心地
  2. docomo回線なので日本どこでも繋がる
  3. 回線速度も充分な速度が確保されている
  4. SNS使い放題なので安心
  5. 月5000円以上も節約できる
  6. ショップ不要のシンプルなプラン、料金体系

テクテン

乗り換えない理由が本気で見つからない。一度検討してみてどれくらい自分にメリットがあるか確かめてみるといいですね!

LINEモバイル公式HPはこちら。

ではでは、テクテンでした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です