呼子といえばイカ!人気No.1「河太郎」の透明なイカがヤバい!

ども!テクテンです!

佐賀県唐津市に移住してきて、およそ1年近く経ちました。

そんな県外から来た人間だからこそ伝えられる地元グルメの良さがあるんだよね。

ってことで、今回は唐津に来たら絶対に食べて欲しい「呼子のイカ」を紹介するぜーーー!!

紹介するのは「いか活き造りの店 河太郎 呼子店」

超メジャーです。呼子行ったら河太郎食べないとモグリですよ!ってくらい。ここはおさえておきたい店です。

マジで大型連休とかになると、開店前に行っても3時間待ちとか当たり前だからね。

地元民のテクテンでもなかなか入れない。

透明でピチピチ動くイカはあなたの常識覆しますよ。

「今まで食べてきたイカってなんだったんだ?」と。

さぁ行こう!いざイカの旅へ。

ロケーションがイカへの期待を盛り上げる


河太郎呼子店は海の目の前に店を構えてます。潮の香りが気分を盛り上げてくれるんだよねー!


呼子と言えばイカといわれるくらいだからね。ちょっと周りを散策するとこんな風にイカ干しの光景を目にすることが出来ます。

これは美味くないわけがない!ってことで早速店内に突入しましょう。


店内にはデカい生簀があり、板前さんがイカをどんどんすくって運んでいきます

そうです。今、目の前で泳いでるイカがそのまま活け造りとして出てくるわけです!

「イカがおよいでいる店」の看板に嘘偽りなし。新鮮すぎるでしょw

イカの活け造りはさ、本当に生きてたんだよ

さっそく名物のイカの活け造りを注文します。


ドン!!デカい!!


なにこの透明感!?

そしてさらに!このイカ動く!!


もうね、思わず動画撮ったのでそれ見てw 身はもうプリプリで甘くて歯応えがすごい。

まぁぶっちゃけスーパーとかその辺に売ってるイカとはまるで違う食べ物。1人前でこのボリュームだしね。

身を食べたあとはお楽しみがあるよ。実は残ったゲソと耳の部分は天ぷらにしてくれるというサービスがあります!


この天ぷら・・最高。揚げることで甘みと弾力がいちだんと増す。ここからさらにご飯お代わりいけちゃう。天ぷらメインでもおかしくない。

余すところなく呼子のイカを楽しめるよ!!

河太郎の豆知識!


河太郎で出てくるイカは、基本は「ヤリイカ」を使ってます。ただ、漁の状況や天候によっては「アオリイカ」の時もあるんだよね。

一般的に、ヤリイカの方が甘みが強いとされてる。

ちなみに、テクテンはまだ見たことがないんだけど、当日ヤリイカを仕入れられなかったときは「本日はアオリイカです」みたいな張り紙が出るらしいよ。こっちも食べてみたいところだね!

ちょうどイカの記事を書いてたら、タイムリー(1/9〜1/12)にユーチューバーのカズさんが佐賀にイカを釣りに来ている模様w

こっち今釣りどころか雪なんだけどね(;・∀・)

釣れなかったら河太郎でぜひイカ食べてください。

いか活き造り 河太郎 呼子店はこちら

いか活き造り 河太郎 呼子店

佐賀県唐津市呼子町呼子1744-17

公式ホームページ

大型連休なんかはめちゃくちゃ混みます。可能なら通常の土日や平日を狙った方がいいですよ!

落合陽一氏が呼子のイカとコラボ!?

ビッグニュースが飛び込んできたよ!!

あの「落合陽一氏」がなんと佐賀県とコラボして、呼子のイカプロジェクトが作られたみたい!

特設サイト:YOBUKO 限りなく透明に近いイカ
詳細は2018年2月14日発表とのこと。

こんな形で呼子のイカに耳目が集まるとはねー!いやー、落合陽一氏と佐賀県・呼子がどんな風に絡んでいくのか気になりますな(`・ω・´)ゞ

佐賀県民のソウルフード「牧のうどん」の正しい召し上がり方を紹介!井手ちゃんぽんの裏人気メニュー「カツ丼」がやみつきになる!唐津ご当地グルメ!波戸岬のサザエのつぼ焼きが超絶品だった

ではでは、テクテンでした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です