井手ちゃんぽんの裏人気メニュー「カツ丼」がやみつきになる!

こんにちは、テクテンです。

久々に、九州グルメを紹介しちゃうよ!今回は昭和24年創業の「井手ちゃんぽん」から、裏人気メニュー「カツ丼」だ!

AZU

ちゃんぽんなのに「カツ丼」!? 私がカミナリだったら思いっきりはたいてるとこやで!

テクテン

ちょ、待って!

もちろん、ちゃんぽんは美味しいんだけど、実は地元では「カツ丼」が一番じゃね?って言われてる人気メニューなんだ。

AZU

確かに、あれはまた食べたくなる味・・・ね!

テクテン

でしょ!? ってことで早速紹介行っちゃおう!

ふわトロ卵とジューシーな豚肉が織りなす芸術


こんな感じでカツ丼は登場する。蓋の上におしんこが乗っているという斬新なスタイル。


蓋をカパッ!!! オープン!!

これが噂の井手ちゃんぽんの「カツ丼」ね(`・ω・´)

もうね、まず蓋を開けるとふわっと香る割り下の匂いがヤバい!!甘目のお出汁の香りと卵の匂いが混ざって食欲を掻き立てるんだよね~!

豚肉は下味がしっかり付いていて、塩コショーの存在感がある。卵の閉じ加減が絶妙で、衣がしっとりなりすぎず、サクサク感が活かされたままっていうのが非常にいい。

牛丼みたく、一気にかきこんで食べるべし!!(めっちゃ熱いから気をつけてね)

嬉しい「つゆだく」カツ丼


そして特筆すべきはこのつゆだく感

テクテン

ちょっと画像が汚くてごめんよ

しっかりと白米に染み込んでいる。ぶっちゃけこれだけでどんどんイケてしまう。

ご飯の進みが早すぎて上のカツがちょっと余り気味になるっていう逆転現象すら発生してしまう(笑)

たまにカツ丼弁当なんか買ったりすると、下の方がご飯が完全に白米状態な時あるじゃない?あの時なんか悲しくなるけど、井手ちゃんぽんの「カツ丼」にはそれがない。

最後まで「カツ丼」の味をじっくり楽しめるように出来ている。素晴らしい・・・。

ボリュームもすごい


井手ちゃんぽんって、もともと、こんな感じでちゃんぽんの「具が多い」ことでも有名なのね。

これはぼくの友人の実話だけど、「ちゃんぽん大盛りを頼んで、ちゃんぽんの上の野菜しか食べれなかった」っていうくらいボリュームがある。

で、負けじとこのカツ丼もしっかりとボリュームがあるんだよね。ガッツリ食べたいときにも本当にお勧め。でもしつこくない味だから完食余裕で行けると思うよ!


他のメニューも載せておこう。

ガチな人は、「カツ丼+ちゃんぽん」なんてやってる人もいるぞ!

佐賀県に本店があり、福岡・大分・長崎にも出店


↑井手ちゃんぽん唐津店

井手ちゃんぽんは佐賀県の武雄が本店。そこからのれん分けして、佐賀県中心に福岡、大分、長崎にも出店している。

井手ちゃんぽん公式HPには本店しか掲載されていないので、食べログをまとめておきますね。

ぼくはよく佐賀の唐津店に行ってるけど、7割がたカツ丼を頼んでしまうね(;´・ω・)

それくらいやみつきになるんだよね!あ、もちろん、ちゃんぽんもイケてるからね!

ぜひ九州に来ることがあって井手ちゃんぽんを見かけたら、食べてみてね

ではでは、テクテンでした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です