簡単!パートで主婦でもできるホテルの客室清掃

こんにちは!昨年からホテルの客室清掃のパートワークを始めたazuです!

まずはじめにお聞きしますが、あなたの客室清掃のイメージってどんな感じですか?

  • 体力使ってきつそう
  • 覚えることがたくさんあって無理そう
  • おばちゃん達の仕事でしょ?

そんな感じではないでしょうか。実は私も働く前まではそう感じていました。

そのイメージがあるがために若い世代の働き手が少ないのは事実です。

この記事では、私の経験をもとに

客室清掃とはどんな仕事なの~?という基本から、清掃している人々の実態私が働いて感じたことをお話します。

「清掃業務をやってみようか」お悩みの方は最後まで読んでみて下さい。

この記事で、「へぇ~簡単だったんだ!」じゃぁ「私にもできるかも~!」と思ってもらえたら幸いです。

私が客室清掃を選んだ2つの理由

そもそも整理整頓が好きだった

部屋の掃除機がけや雑巾がけはもちろんですが、散らかってるのは嫌なので整理整頓してしまいます。

例えば、

  • 部屋掃除⇒本の整頓、文房具の整頓
  • トイレ掃除⇒トイレットペーパーの補充・整頓
  • 風呂掃除⇒シャンプーやコンディショナーボトルの整頓

とにかく綺麗にしている事が好きです。

ホテル業界の仕事に興味があった

旅行が好きなので、たくさんホテルや旅館に泊まる機会があります。

人のおもてなしをする仕事に多少なりとも興味を抱いていました。

この2つの理由に当てはまるホテルが自宅から車で約5分の場所にあったというのもキッカケの一つでもあります。

ではここから、本題に入ります。

客室清掃業務の内容の紹介

私の働いているホテルでは3区分で教わります。

ホテルや旅館によってはもっと区分があるかもしれませんし、内容も全く違うかもしれませんが参考にしていただけらと思います。

  1. ベッドメイキング と 布団作り
  2. 水まわりの清掃
  3. 室内清掃

ベッドメイキングと布団作り

入社してすぐは、お客さんが使用した後のベッドのシーツや枕のカバーを剥いで新しいシーツとカバーに交換する作業をします。

シーツ交換は必ず2人1組でやります。

使用後のベッドシーツを剥がす際、頭側を壁から1人分入るスペースを空けます

「なぜ?」って思いますよね~。

それは後述を読んでいただけると理解してもらえるかと思いますが、新しいシーツをセッティングする時になくてはならない工程なんですよ。

1つのベッドの大きさはセミダブルサイズでベッドの脚にはキャスターが付いているので

女性1人でも動かすことができます

セミダブルとは
寸法:幅120㎝長さ195㎝

ダブルという名前がありますが基本的には「一人用」と考えるのがいいです。広めでゆったり寝れるシングルサイズという感じです。

次に、ベッドの頭側と脚側に1人ずつ立ち、シーツをキレイにセッティングします。

この時に、頭側に1人いると効率が良く素早く敷けるのです。

セッティングし終わったら元の位置にベッドを動かします。

言葉より画像でみてもらえればわかりやすいかと思います。

宿泊した時によく目にするこんな感じです!

次に布団作りをします。

ベッドメイキングとは違い包布という作業になります。

包布とは
読み方:ほうふ

和室に使っている布団(掛け布団)のカバーを布団に被せることです。

これも1人ではなく必ず2人で行います。

こちらもベッド同様、使用後の枕カバーと布団カバーを外し新しいものに交換します。

  • 慣れるまでが大変ですが、慣れちゃえば意外と簡単
  • 未経験の私でもベテランの先輩が優しく丁寧に教えてくれたのですぐに覚えられた

水まわりの清掃

ある程度、ベッドメイキングや包布に慣れてくると次の3箇所を掃除します。

  • トイレ掃除
  • お風呂掃除
  • 洗面台掃除

ホテルのほとんどがユニットバスではないでしょうか。なので実質は1区画の清掃になります。

掃除用のゴム手袋をはめて、水回り掃除セットという便利なバケツツールを使ってピカピカに仕上げます!

水回り掃除セットとは

四角いバケツの中に仕切りをつくり

  •  トイレブラシ
  •  スプレータイプの消臭機能がついた洗剤
  •  キッチンスポンジ

の3つの用具を入れています。

洗剤で各箇所の汚れを落とし、床に毛髪が落ちていたら取り除きます

あとは、お客さんが使用した後のフェイスタオルやバスタオルで水滴を拭き取ります。

他に、コップを新しいものに交換しアメニティで出たゴミも捨てます。

次に、その日宿泊される人数分のアメニティを補充します。

そして最後に必ずトイレットペーパーの先端を三角折りにして、鏡をキレイに拭いたら終わりです!

  • 家庭でやっている掃除とほぼ同じ。
  • 人数分のアメニティを補充する単純作業。

室内清掃

私は、これが1番たくさん覚えることがあって難しいんだろうな~と思っていました。

だけど、やってみると思っていたよりも少なかったのです。

主な4つの項目

  • ティッシュやティーバック等の補充
  • 館内案内等の整頓
  • 掃除機がけと水拭き掃除
  • 時計合わせと照明点検

日常の家事と似てると思いませんか?

唯一違うところと言えば、ホテルでは毎日必ず照明器具の点検をします。

なぜなら夜、電気が点かなかったらお客さんが困まってしまうからです。

  • 水まわり清掃と同様、家の掃除とほとんど変わらない。
  • 難しくないから、パパッ!っとすぐやりこなせる。

清掃スタッフの実態!

どんな人が働いてるの?

簡潔にまとめてみましたのでわかりやすいと思います。

年齢層

シニア層が圧倒的!

男女比

男1:女9

年齢層・男女比の観点からみても清掃=おばちゃんのイメージが強いですね~。

シニア層の女性が多いです!

私が働いて感じたこと

仕事中、1人のお客さんから「部屋がキレイで気持ちいいです、ありがとう」と声をかけてもらった事があるんです。

気持ちよく泊まっていただけたのがわかって嬉しかったですし、この仕事して良かったって思いました。

客室の清掃が終わらなければ、お客さんを入室させることはできません。

言うなれば、裏からホテルを動かしているようなものです。そう考えていると清掃が楽しいです!

~まとめ~

いかがでしたでしょうか。

客室清掃の要点
  • ベッドメイキングや布団作りは重労働ではなく、慣れてしまえば楽々!
  • 水回り掃除・室内清掃⇒普段の家庭の掃除とほぼ変わらない!

未経験でも先輩が丁寧に教えてくれると思いますのですぐ覚えられますよ!

もしかしたら、あなたはホテルの即戦力になれるかもしれませんね。

それでは、このへんで。最後まで読んで頂きありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です