ヒキコモリズムのオンラインサロンを退会した理由を本音で語る。

これは一人のヒキコモリズム井上マニアが送る、独白である。

4月をもって、半年間入会していたヒキコモリズム井上さんのオンラインサロンを退会したぞ!

ぶっちゃけ、入会してからの半年間でこのブログのPVは約10倍以上に跳ね上がっている

1PVが10PVになったとか、そんな数字のマジックじゃないよ?

入会当初4,000PV程度だったものが、今は50,000PVを超えるまでに成長した。

「んじゃ、なんでそんな良いサロン辞めちゃうわけよ??」

ってなるよね。

その理由を、今回はポジショントーク一切なしのガチトークで語ります。

ヒキコモリズムのオンラインサロンの実態、辞めた経緯、ぼくが得たもの。

全部はっちゃけちゃうぞ!!

もっと楽してブログで稼げねーかな?

そもそもなんで「オンラインサロン」に入ろうと思ったのか?

<ブログで稼ぐためのノウハウを手っ取り早く学びたかった>

理由は一つしかない。

これだけ。ものすごくシンプルでしょ?

ぼくもブログをスタートしたばっかりの頃は、正直わからないことだらけだった。

だからその都度、Googleで検索してやり方を見つけたり、ブログ本を読んだり勉強してたのね。

ただこの方法はめちゃくちゃ時間がかかる!

  • もっと手軽にコストをかけず、最速で学ばなくてはならない。
  • 軌道に乗るまで何年もかけて育てる時間は今のぼくにはない。
  • 一刻も早く収益化の基礎を築く必要があった。

この辺の詳しい理由は会社を即日退職してるぼくの勝手な都合なので割愛するね(;・∀・)

佐賀ブロガー「テクテン」のプロフィール

んで、たどり着いたのが「オンラインサロン」の存在。

ブログ専門のコンサルと言うか、私塾というか、スクールみたいなものって言えば伝わりやすいかな?

とにかくブログに関するあらゆるノウハウを有料で教えてくれて、オンラインでやりとりする個人塾だと思ってもらえばいい。

テクテン

これだよこれ!まさしくコレがぼくの求めていたもの!!

速攻でサロンについて調べまくったのは言うまでもないw

最後はやっぱりプロフィールで心がシンクロした。

<ブログのノウハウを有料で教えます>

っていう感じのオンラインサロンは検索すればめちゃくちゃ数が出てきます。

どこも自分のサロンがいかに素晴らしいかをアピールするよね。

当たり前だけど。

実際に入会した人の情報も参考にしたよ。

なかには情弱商売と揶揄する人もいれば、逆に信者みたいな人もいたね。

美味しそうなサロンが乱立する中、最終的にぼくは「ヒキコモリズム」のサロンに入会します

ほんと不思議だよ。

入会の決め手は、サロンの紹介よりも、井上さんの「プロフィール」に心を打たれたからだ。

自分と似たような境遇、生き方に対する思想・死生観。

「俺と似てるな」って一方的に親近感を持ったよね。

プロフィールを読んで「この人に師事したい!」と心の底から思えたので入会を即決!

こうやってぼくのサロン生活は華々しくスタート\(^o^)/

↓そんなサロンを半年でやめた理由を語ります↓

これはたった一人だけのサロン卒業式。

勝手に暖簾分けしてもらったと思ってるよオレは。

なぜ辞めたのか?

端的に言えば、「もうこれ以上、ここで学ぶことがない」って状態になったから。

数値的な指標で言えば、冒頭でも書いた通り、PV数は軽く10倍以上。

もちろん収益化も実現できた。

これは、井上さんのサロンに入り、資料を読み漁り半年間PDCAを回し続けた結果

サロンで得た知識をもとに、「こうすればいいんじゃないか?」と仮設を立て、実行し、結果として成果が出たわけです。

ラーメン屋で例えてみよう。

  1. あの有名店ヒキコモリズムラーメン屋にテクテンが修行に行ったぞ!
  2. 半年間かけて見よう見まねで、「醤油ラーメン」の作り方を習得した( ・`ω・´)
  3. じゃぁ独り立ちだ、後のメニューは自分の力で考えな!

今こんな状態です。

ヒキコモリズムラーメン店には「味噌」「豚骨」、サイドメニューで「餃子やチャーハン」なんかももちろんある。

更にオリジナルメニューで見たことない斬新なラーメンが作れちゃったりもするw

これらすべてを学ぶことはできないし、仮に教わったとしてもそれは「井上さんの力」に過ぎない。

あるいはただの模倣。そんなものに1ミリも価値もない。

ここから先は、「人の教え」でどうにかできるヌルい世界じゃないと思ってる。

喉から手が出るほど知りたかった。

サロンに入ってまで手に入れたかった「ブログで稼ぐためのノウハウ」

今では、俺の作った醤油ラーメンでも「美味い」って言ってくれる人がいるんだぜ・・・?

充分学べた。結果も出てる。

今後、それを活かすか殺すかは、自分次第なんじゃねーの?ってラインまで来たわけよ。

だからぼくは退会することを決意した。

もう世間は卒業シーズンも終わっちゃててさ、少しだけ遅いたった一人だけの卒業式。

ま、それもいいんじゃね?

継続してみることも考えたけど・・・

なんか色々偉そうなこと書いたけど。

もちろん、「継続してみる」ってことも考えたよ。

でも以下の理由で「退会する」っていう意思は変わらなかったんだよね。

ちょっとそれを説明。

この辺はヒキコモリズムさんのサロンがどんな感じなのか?って参考になると思う。

  1. プラットフォームが多様化し過ぎた
  2. その影響でコンテンツも散在する

つまり、効率的な学習が望めない

これはサロンに入った当初から感じてたかな。

とにかく情報発信の場が非常に多い

↓これはぼくの憶測ね。

井上さんは「変化しないこと」が非常にリスキーであると理解してる。

だから頻繁に最適なものを求めプラットフォームを鞍替えし、リスクヘッジする。

こんな感じで
  • LINE@
  • Facebook
  • メール
  • 裏サロン
  • note
  • ウェビナー
  • Chatwork

ただ、これだけ分散すると、大事なサロンのコンテンツも必然的に散っちゃうわけ。

新しいプラットフォームに対応し、必要なコンテンツを探すのにはめちゃくちゃコストがかかる。

これは主催者もそうだし、我々メンバーも同様。

現にぼくの場合は、サロン入会して1週間くらいは頻繁にアクセスして資料を集めたのね。

で、自分にとって必要なものをローカル保存したあとはほとんどサイトは見なくなってしまった

月に1〜2度?

何かめぼしいのあるかな〜?と確認する程度。

ここで、サロンに継続して残った場合に得られるメリットと、その際にぼくが払うであろうコストを天秤にかけてみたのよ。

そうすると、今そこにリソース割いてる場合じゃねーなと。

そんなことが明確に見えちゃった。

もちろん新しい情報にも興味はあるし、投資とかFXとかも勉強したいとは思う。

ただ、今は「醤油ラーメン」をパワーアップさせたり、「テクテンラーメン2号店」を作るとかして、自分が生き残る方法を考えることが最優先

せっかくそのための武器も与えてもらったわけだしさ。

ヒキコモリズムからの贈り物

という感じで、退会はしましたが、ぼくが大のヒキコモリズムマニアであることに変わりはないw

半年間、ぼくがどんな感じで井上さんからスキルを盗んでいたのか?

ちょっとだけまとめてみますよ!

ヒキコモリズムのプロフィールを読んで、あれだけ感銘して入会したわけだから影響もめちゃくちゃ受けてるわけです

▼例えばこんな風に▼

  • 自分のブログの骨子やキャラクター設定など、他人のコンサルログを何度も何度も読み直して、自分だったらどうすべきか?ノートに書いてはやり直し、テキストに書いてはまたやり直し、何回も研究したよ。
  • 言い回しや喋り方、改行の開け方、見出しの付け方、カテゴライズの仕方など良いなと思ったのはとことん真似した。
  • カラーピッカーを使って、文字の色や、ラインの色も分析して自分でショートコードを作った。
  • 井上さんが発注したココナラのイラスト屋さんも過去ログを掘り起こして調べた。
  • Twitterの投稿の仕方も見よう見まねでやってみたし、peingで匿名で質問もしたw
  • ブログ実績はどうやって作り上げたのか知りたくて、過去に草津の記事や音楽関係の記事を書いていたってコメント見つけて、井上さんもトレンド記事とかやってたんだ!と嬉しくなったよね。
  • なぜ、あのプロフィールに惹かれたのか?何が自分と違うのか、何度もリライトした。

みんな気づいてるよね?

これ全部、「井上さん○○を教えてください」って一言聞けば済む話しなんだよねw

ぼくはそれが出来ない。

それが出来てればこんなヘタレにはなってない(;・∀・)

まぁぼくはひどく遠回りしちゃったけどさ。

こうしてヒキコモリズムのコンテンツで修行して、なんとか今があるわけよ。

ブログを稼げるメディアに変える「力」を貰えたわけだから、半年間の授業料、めっちゃお得だったんじゃないかな?

ヒキコモリズムのオンラインサロンまとめ

ぼくが退会した理由
  1. これ以上、学ぶことがなくなったという自信と結果!
  2. 継続するメリットもあるがリソース割いてる場合じゃない!
  3. 学んだことでやるべきことがぼくにはまだある!

資料読んで、ガッツリ自分のブログに落とし込むことができる人は成果スゴい出ますよ!

特に会員への実際のコンサルのログや、赤ペンでの添削記事は見るだけで気づきがある。

ただその資料を探すのも大変だし、提供の場もタイムリーに変わっていくので頑張って着いていけ!

「コンサルしてください!記事見てください!」

と強い意思を持って言える人は更に加速度的に跳ねていくでしょう。

だってログを見るより、やってもらったほうが絶対に早いし確実でしょ?

それも出来ない、自分で勉強することも出来ない。

そういう人は入るべきところじゃないね。

井上さんは優しい。けどやる気のない人間には厳しい。

人として当たり前だな。

埋もれるな!俺みたいに。

入るならとことん利用してやるくらいじゃないとダメよ。

井上さんという人。

不思議な人だ。

ぼくよりも一回りくらい年下だと思うけど、尊敬している。

福岡に移住されたってことだったので、いつか飯でも一緒に行く時あるかな?

とか入会した時は思ったっけ。

ぜんぜん声かけれなかったけどさw

ぼくにとって、井上さんは、「追いついて、追い越したい」と思わせる、数少ない男だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です