唐津に移住して3年目なので良かったこと悪かったことを本音で語る。

どやんすー!テクテンだよ。

令和2年。あけましておめでとうございます!今年もドヤンスブログをどうぞよろしくお願いいたします。

さて、ぼくは大阪から唐津に移住してきて今年でまる3年になろうとしています。

「で、ぶっちゃけ唐津ってどうなのよ?」と。

そう思ってる人も絶対たくさんいると思うのよ。

というわけで、今回は東京に30年、大阪に5年住んだぼくが唐津に移住して良かったと感じたこと、悪かったと思ったことを本音で語っていきます!

唐津に移住して良かったこと

まず移住して良かった点を思いついた順に話していくよ。

通勤電車からの解放

一番はやっぱり通勤電車に乗らなくていいってこと。これだね。

東京に住んでたころは都心の職場まで毎日1時間くらいかけて満員電車に乗っていたよ。往復で2時間。電車に乗ってるだけで疲れるし、この電車に乗ってる時間ほんとうに無駄だよなってずっと思ってた。

ところがです。唐津に移住してからは唐津の企業に転職したわけだけど、新しい職場までは車でたったの「10分」ですよ。

信じられる??

極端な話し、始業時刻の30分くらい前に起きても間に合っちゃうわけです。

往復2時間かかっていたものが往復20分。わずか1/6。1時間40分も短縮できちゃう。

この1時間40分をどう使うかは自分次第。睡眠にあててもいいし、家族との時間にあててもいい。趣味に没頭してもいい。

時間的な解放、肉体的な疲れからも解放されるし、これだけでも移住する恩恵がぼくにはあったわけです!

家賃が安く間取りも広い

次は住まいの話し。ぶっちゃけ、唐津めちゃくちゃ家賃安いですよ。

参考までにぼくが今まで住んできた賃貸との比較をザックリ教えちゃいます。

はい。家賃だけ見ると、そこまで安い?って思うかもしれないけど、駐車場と面積を見てください。

大阪時代は家賃と駐車場代併せて9万円だったのが、唐津では家賃と駐車場併せて53,000円です。これだけで約40%も安い。

安いのに、面積は20%以上も広くなっているというね。

しかも、ぼくはあとから知ったんだけど、ぼくが今住んでる唐津の家賃、唐津ではかなり高い方の部類なんだって!!恐ろしい!

移住するときもっとじっくり物件を選べば家賃は更に低く抑えられたことでしょう。

田舎ならではの風景、文化を楽しめる

唐津に住んでてよく聞くのが「唐津はほどよい田舎でいいよね」ってこと。

そう、田舎なんですよ唐津って。ぼくの住んでるところも一歩外に出れば田んぼがあり、一級河川の松浦川があり、車で5分も走れば海に出れる。

物心ついた頃から高層ビルやマンションに囲まれて育ったぼくにはこの環境自体がたまらないんですわ。きっと日本人のDNAがそう感じさせてる!

春には棚田を見に行くし、夏は花火大会にホタル、秋は唐津くんちがあり、冬は豚骨ラーメンで暖をとる。

都会のきらびやかな生活もいいけど、今のぼくにはこういう田舎暮らしがとても心地良い。

地元民しか知らない唐津くんちが目の前で見れる穴場スポット! 佐賀屈指の夕景!「浜野浦の棚田」の見どころや行き方を徹底解説!(動画有)

海鮮が美味い!

唐津は呼子のイカが全国レベルで有名だけど、ふつうに唐津産の魚が新鮮で美味いです。

独身時代は魚グリルを一度も開けたことがなかったぼくが、今では普通に魚を自分で捌いてお刺身作っちゃうくらいに魚にハマれます。

唐津は「うまいもん市場」と「おさかな村」という二大市場があるので新鮮な魚を入手するのに困ることもない。

ぼくの知り合いなんかは唐津でキスを釣って揚げて食べてたよ。やろうと思えばそんな地産地消も可能なのが唐津の良さ。

博多や糸島へもアクセスが良い

唐津のお隣は福岡県。その中心地である博多(天神)まで車で1時間ちょい。途中にある糸島(前原)まで40分くらいでいけちゃいます。

ふだん唐津で生活してて困るってことはほとんどないけど、博多までいかないと買えない、食べれない、見れない、ってものもけっこうあるんだよね。

例えば新作映画を見たいとかなるとだいたい福岡に行くことになるかな。ぼく個人としては、博多のあのラーメン食べたいな〜とか、無印良品行きたいな〜とか。そんなときに福岡にいくよ。

移住したい地域ナンバーワンの糸島ね。糸島は超オシャレな店いっぱいあるし、インスタ映えするような観光スポットもたくさんある。

そんな福岡・糸島に唐津からだと簡単に行けるのでそこも大きなメリットだよ!

【インスタ映え】福岡県糸島で「天使の羽」を撮ろう!!

唐津に移住して悪かったこと

次は唐津に住んでここはあんまり良くなかったなと感じること。これも包み隠さず教えましょう!

車がないと身動き取れない

通勤が楽になったって話は最初にしたけど、裏を返せば、「車がないと身動き取れない」って側面もあるのは間違いない。

通勤、買い物、通院など、基本的に移動のほぼすべてが車に依存している。

テクテン家はたまたまぼくも奥さんも車の免許を持っていたし、マイカーごと移住したので良かったけど、車も免許もないってなると本当に生活が一気に不便になると思う。

もちろん電車もあるけど、都心のように5分に1本来るとかそんなんじゃないから!30分に1本とかザラだし、終電も22時台と鬼のように速い。

ぶっちゃけ、電車に乗るのは福岡方面に通勤行く人が大半だと思う。ぼくももう2年くらい電車に乗っていないよ・・・。

生活コストはやや高い

家賃が激安!って話しもしたよね。逆に、家賃以外のコストは今までより高くなった。

例えばガス代。移住する前に噂では聞いてたんだけど、とにかくガス代が高い!!都市ガスではなくプロパンだからなのか?

今までより平均して3割〜4割くらいは毎月のガス料金が高くなっちゃったよ。

更にテレビ。

唐津ではケーブルテレビに加入しないとテレビ映りませんからっ!!

これは衝撃的だった。地デジって壁についてるテレビ用のジャックに挿せば映るのが当たり前だったじゃない?それがねぇ唐津ではお金払わないとテレビ見れんのですよ。

年間で3万円弱。地域によって金額は異なるかもだけど、それくらいはかかってきますね。

所得は確実に低くなる

「唐津だと、土曜日まで出社しても給料20万貰えるとこほとんどないですよ」

移住して最初の職場で言われたこと。

え!?と思ったよね。

都心との所得格差は歴然。ぶっちゃけ、ぼくも移住する前と後では年収が半分以下になりました。

その分、家賃も駐車場も安いけど、生活水準を落とすのが嫌っていう人には厳しいかもしれない。

まぁそれでも充分に生活はしていけるけどね!

有効求人倍率が1.5倍を超えてる今、会社に留まる理由って何だ?

意外といいかもよ?唐津移住も

ぼくにとっての唐津移住は正解。今のところ。

唐津移住のメリット・デメリット
Good Point

  • 通勤は車でわずか10分、満員電車に乗ることはない
  • 家賃は都心と比べて圧倒的に安く間取りも広い
  • 田舎ならではの風景や文化に触れられる
  • 魚が新鮮でうまい!買うところにも困らない
  • 困ったときは福岡にいけば何とかなる!

Bad Point

  • 車がないと始まらない
  • ガス代やケーブルテレビ費用など生活コストがやや高い
  • 給料はぶっちゃけ低い

というわけで、田舎でのんびり暮らしてみたいという人には唐津は充分に候補に入る。

わざわざ都心から離れたところに家を買って、会社まで2時間かけて通勤する生活とかぼくには無理です。

唐津は選ばなければ仕事もあります。スキルがあるならネットを使って複業しながらというのもありでしょう。

唐津のことでなにか聞きたいことがあれば何でもどうぞ!

そいぎんた〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です