「出来ない理由」が先行して浮かんでしまう時の対処法

こんにちは。テクテンです。

10月も半ばだと言うのに、めちゃくちゃ暑いですね。

少しまとまった時間が取れそうなので、旅行にでも行きたいなと思っているんです。ずっと仕事が忙しく新婚旅行なんかも行けなかったですしね。早速奥様に相談しました。旅行に行きたいと思ってるんだけど!って。さっそく問題が発生しました(笑

テクテン

やっぱり沖縄の宮古島だよ。10月のオフシーズンで夏より安いし、何より星が見える!星景写真を撮るならうってつけなんだよね!

AZU

ん?この時期なら何といっても温泉でしょ!?せっかく九州に越したんだから別府とか湯布院とか名湯がいっぱいだよ!

テクテン

ん~ じゃぁ今回は沖縄は無理かぁ。おもかかるし、飛行機も取るの大変だし、大分県だったら車で行けるしだなぁ。

ちょっと否定され、そう短絡的に考え始めてしまいました。

今回はこんな風に、無理だなぁって思った時にどうすればいいのかのお話しです。

「出来ない理由」が出てくるときは思考停止している時

目の前に何か都合の悪いことが起きると、無意識に何かと理由をつけてそれを遠ざけようとします。無理、大変、楽といった単語が出てくるときはそうですね。これは日常でも仕事でもいつでもやってきます。

上司から「利益率上げろ!」なんて指令が下ると、

  • 人が足りてないのに無理だよ
  • 稼働率が下がらないのはしょうがない
  • 顧客を説得するのが大変
  • そもそもそんな改善してる時間がない

など、「出来ない理由」がズラズラと上がってきます。

現状を変えるより、今のままでいるほうが人間は楽なんです。

まずは意識するところから始める

あ、また楽な方に向かおうとしちゃったな、とまずはそこに気づき意識し始めると、なんとなく解決策が見いだせるようになってきます。

私も会社に在籍してた頃は何度も言われました。「出来ない理由を考えるな、そんな時間があるならやれる方法を考えろ!」と。

日常でもそうですね。「お金がないから出来ない・時間がないから出来ない」で終わらせてしまうと、もうそれ以上、何も出てきません。思考停止は、人間に与えられた一番の武器、「考えること」を放棄してしまっていることになります。

まずは「思考停止しているな」と気づき、意識することが改善の一歩です。

ではどうすれば実現できるのか?と切り替えて考える

意識できるようになれば、あとは思考を切り替えるだけです。

今まで、「○○だから出来ない」と思っていたのを、「ではどうすればそれが出来るのか?」と転換するのです。

例えば、冒頭の旅行の話題の落としどころはこうなりました。

大分県の久住高原という観光地には、別府や由布など温泉地にアクセス1時間程度にも関わらず、日本の星景10選にも入るほど綺麗な星が見える場所がある。そう、お互いのやりたいことを実現出来そうな観光地ですね。

思考のプロセスとしては、こうなります。

星が見えるところは沖縄だけではない

九州地方で見えるところはないか?

且つ温泉に入れるところはないか?

そう考えると、自然と次の一手が浮かんできます。

「出来ない理由」が先行して浮かんでしまうときは?

  1. まず「出来ない理由」を考えてしまっていることを意識する
  2. 次に「ではどうれば実現出来るのか?」と思考を切り替えて考えてみる

いかがでしょうか?思い当る節がある方は参考に考え方を少し変えてみると、また違った何かが見えてくると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です