Mac使い必見!「EaseUS Data Recovery Wizard」のファイル復旧が秀逸![PR]

ども!テクテンです!

間違って大事なファイルを消しちゃった!ってのは誰でも一度は経験することだよね。

ぼくは何度もあります(笑)

そこで、皆さんにお聞きしたい。

「ファイルが消えてしまった時の対策、ちゃんと考えてますか?

その大切な写真、消えちゃったらどうするんですか??」

AZU

ぐぅ・・・

ボッコちゃん

・・・

テクテン

そうなるよねぇ〜(笑)

誰しも、もしかしたらこれから起こるかもしれないリスクに事前に準備しておくってのはとっても面倒です。

ただ大事なファイルを失うのは絶対に避けたい

実は、簡単に誰でも出来る対策があるんです。

これ一本持っておけば万が一のとき安心ってアプリが。

EaseUS Data Recovery Wizard for Mac

無料でも使えるデータ復旧専用アプリです。

これが実に使い勝手がいい。

一本あるだけで安心感が雲泥の差です。

今日はそんなMac使い必携のアプリを紹介しちゃうよ!!

ファイル消去は誰でも起きる

HDD(SSD)クラッシュって実はそんなに発生しない

「うぉぉーー大事なファイルが消えちまった!」

っていう状況を考える時、まっさきに頭をよぎるのは「HDD(SSD)のクラッシュ」じゃない?

でも実際問題として、ディスククラッシュなんてのはそうそう経験するものじゃないんだよね。

なぜなら、

  • ディスクが寿命を迎える前にスペック寿命が来てPCを買い換える
  • 現在主流のSSDはHDDよりも頑丈で寿命が長い

という2つの大きな理由があるから。

ぼく自身もパソコン歴はそれこそ20年以上あるけど、純粋にHDDやSSDが壊れたなんて経験は一度もない

大抵はそれ以外のパーツ、電源系統だったりドライブだったりの故障のほうが圧倒的に多いんだよね。

真の原因はヒューマンエラー

じゃ、なんで「ファイル消しちゃった!」なんて状況が起こり得るのか?

理由は簡単。

  • PCを操作する人間が誤って消してしまうから。

とってもシンプルな理由だけど、この人為的ミスによるファイル削除の方が圧倒的に多いんだよ。

さっき、HDDやSSDが壊れた経験はない、って言ったけど、自分で間違って消してしまったという経験は数え切れないくらいある

特にたくさんの画像ファイルを一気に整理して、あとで見返したらフォルダごと削除しちゃってたりとか。

悲惨だったのは、パーティション変更中に電源を落としてしまって、マジで全てのファイルが消えたときだね・・・。

ぼくはIT業界に10年以上いたけど、「やべっ!ファイル消しちゃった(汗)」事件なんて山のようにあったよ。

それくらい、ファイルを失ってしまう原因ってのは、それを操作している人が原因ってのがほとんど。

思い出は取り戻せない

最悪さ、データが消えちゃっても、アプリとかはもう一度入れ直せばいいじゃない?

時間と手間はかかるけど元に戻すことはできる。

でもそれがデジカメで撮った写真や動画だったらどうだろう??

家族や恋人との思い出、子供の成長記録、仲間と撮った笑える動画・・・

これらが一瞬で消え去ってしまったら。

テクテン

考えたくもないよね((((;゚Д゚))))

ぼくは写真が趣味で昔からよく撮ってたんだけどさ。

そのたくさんの愛しいメモリーたちを自分のミスで全消ししちゃったことがあって。

さすがにその時は半年くらいカメラを触るのもPCを触る気にもなれなかったよ

それくらい受けるダメージがデカいってこと(´・ω・`)

ファイル復元アプリはマストです

それ以降、ぼくは対策として次の2つを実践してる。

  1. データのバックアップは必ず取る
  2. バックアップを消しちゃった時のためにデータ復旧アプリを入れておく

この二重の対策。

今、iPhoneなんかはデータバックアップを自動でiCloudに取ってくれたりするよね。

ただデジカメ画像や、自分で作成したファイルなんかはなかなかそうはいかない

「もし消しちゃったら」

を意識して、ファイル復元アプリは必ず入れておいた方がいいわけです。

さてここからやっと本題に入る!

次はぼくが個人的に使ってみて、便利で安心して利用できたアプリを紹介するよ!

EaseUS Data Recovery Wizard for Mac をすすめる理由

Vectorプロレジ大賞受賞作品という抜群の品質

まず「EaseUS Data Recovery Wizard for Mac」ってどんなソフトなの?

ってのが気になるよね。

EaseUS社が開発した、データ復旧専用のアプリだよ。

んで、このアプリのスゴいのが、Vectorのプロレジ大賞を受賞してるってところ。

しかも2回も!!

2016年の第26回と、2015年の第24回の計2回獲ってるんだね!

(「復元部門」での受賞)
参考 【Vectorからのお知らせ】Vector製品版ソフト人気No.1が決定「第26回Vectorプロレジ大賞」結果発表Vector

しっかりと実績も残してるし、安心して導入できるのが大きな魅力。

誰でも簡単にデータを復元することができる

UIがとてもシンプルで秀逸

迷うことなく、誰でもファイルを復旧させることが可能。

  1. アプリを起動させる
  2. SSDをスキャンする
  3. 必要なファイルを復元する

作業ステップがこの3つだけという潔さ。

この手のアプリが難しい!と思ってた人は目から鱗レベルで簡単だよ。

具体的な操作方法は後で説明するからぜひチェックしてほしい!

iPhoneのバックアップからも復元できる

テクテン

これは超驚いた機能!!

もともと、「EaseUS Data Recovery Wizard for Mac」はたくさんのデバイスに対応してるのね。

まさか、iPhoneの「バックアップファイル」からデータを掘り出せるとは思わなかったよ!!

実際にぼくもやってみたんだけど、本当にバックアップから写真データを抜き出せちゃった

Mac使ってる人は定期的にiTunesでバックアップ取ってる人が多いでしょう。

「あ、こないだ消しちゃったけどあのファイルだけ戻したい!」

ってときに抜群の力を発揮しますよこれ。

ちなみにMacはTimeMachineでバックアップ取ってるという方。

TimeMachineからもサルベージできちゃうんですよ・・・。

マジでこの機能だけでも入れておく価値あり。

完全な日本語設定で安心

MacはWindowsと比べて、アプリが英語であるケースが往々にしてあります。

しかしご安心を。

この「EaseUS Data Recovery Wizard for Mac」、完全に日本語対応です\(^o^)/

だいたいファイルを削除しちゃって復旧させたい!ってシチュエーションの場合、当事者は100%テンパってます。

そんなときに英語メニューでいちいち操作できますか?っての。

こちとら一秒でも早く、可及的速やかにファイルを復活させたいんですよ。

その辺、ユーザー目線でよく分かってらっしゃる。流石ですよEaseUSさん。

これもオススメする大きなアドバンテージ。

無料でも2GBまでファイル復元可能

「EaseUS Data Recovery Wizard for Mac」は有料アプリです。

けど無料でもバッチリ使えちゃいます!!

復旧の容量が2GBまでっていう制限はあるけど、使い勝手や性能を知るには充分すぎる!

まずはお試しで使ってみてからジャッジすることができます。

ってなわけで、次は具体的なインストールと操作手順を解説するよ〜。

インストールと初期設定

公式サイトからダウンロード

ダウンロードは公式サイトからでOKです!

「無料ダウンロード」というところをクリック!

あとはdmzファイルをマウントしていつも通りコピーするだけです。

日本語化しておこう

起動したらまずは「日本語化」しておきましょう。

メニューの「言語」から「日本語」を選択するだけ!

SIPを無効化する必要がある

ここがちょっと面倒なところ。

実はMacOSは最新の「High Siera 10.13」から、「SIP」というセキュリティシステムが導入されてるのね。

この影響のせいで、アプリがディスクに直接アクセスすることが出来なくなってます。

いったん「SIP」を無効化してやりましょう。

もちろんその設定方法もEaseUSに用意されてるよ。
参考 SIPを無効にする方法EaseUS

設定自体は5分ほどで終わるのでサクッとやっちゃいましょう〜!

さてここまで来たら、あとは実際の復旧手順を紹介するよ。

具体的な復旧手順

手元に何も入ってないSDカードがあります・・・

1枚のSDカード。

ぼくの大事なデジカメ画像が入ってたメディアです(;・∀・)

中身を見てみると・・・空っぽ。

完全に消えてますよね?

では、この状態でファイルを復元できるのかトライ!!

サクッとスキャンしてみよう

ここもめっちゃ簡単。

メイン画面でSDカードメディアを指定し、右側の「スキャン」をポチッとするだけ!

スキャンは時間がかかるので、このまま少し置いておきましょう。

8GBのSDカードでだいたい5分くらいかかるかなー。

ファイルを復元する

キタ━━(☆∀☆)━━!!!

うぉぉ〜!なんかめっちゃいっぱいファイルが出てきたぞ!!!

こ、これはなんだ!?

去年行った大分県久住高原の思い出画像だ!

必要なファイルにチェックを入れたら、あとは右上の「今すぐ復元」をポチッとするだけ!!

デスクトップに復旧されたファイルが保存されます。

めっちゃ簡単でしょー!? 優秀すぎるだろー(≧∇≦)b

同様に、Mac本体のSSDからも、iPhoneのバックアップファイルからもファイルのサルベージが可能です。

もう間違って削除しても怖くない!

改善点もいくつか

実際にぼくが使っていて「ここは改善したほうがいいよなぁ〜」っところがあるのも事実。

その辺も正直ベースで書いちゃうよ(`・ω・´)ゞ

スキャンは時間がかかる

SDカードは5分とか10分とかで完了するのね。

これがMac本体のSSDとかだと相当時間がかかる!

ぼくのは500GBなんだけど、これでだいたい5〜6時間はかかっちゃうねー。

ただし、一度スキャンが完了すれば「スキャン結果」をエクスポートできるので、次回の復元は時間かからずに可能です。
参考 スキャン結果の保存と読み込み方法EaseUS

かなりマシンパワーが必要かも

ぼくのMacBook Proは2017年モデルの最新版。

それでもスキャン中はかなりCPUに負荷がかかるので、ものすごい勢いで排気ファンが回り出す

もしかしたら、スペックの低いMacを使ってる場合はスキャンにもっと時間がかかってしまうかもしれない。

動作環境はこんな感じだから自分のマシンと比較してみてください!

EaseUS Data Recovery Wizard for Mac まとめ

気に入ったら製品版もあり

さて、どうだったかな?

難しい知識は一切不要で、手軽にファイル復旧が可能な「EaseUS Data Recovery Wizard for Mac」

無料でお試しできるので、まずは一度その性能をぜひ確かめて欲しい。

製品版のライセンス料金はこんな感じ。

永久無料アップデートがサブスクリプションじゃなくて「買い切り」ってのが本気でありがたい。

更に特価セールで、

  • EaseUS Data Recovery Wizard for Mac
  • MobiSaver for Mac

のセット商品もあるみたいだ。

MobiSaverを使うと、iPhone本体やiCloudのバックアップファイルからもデータ復旧できるっぽいぞ。

しかも普通のライセンスと600円しか変わらないって(笑)

値段設定がほんとうに大丈夫なのか心配。

備えあれば憂いなし!

では最後に「EaseUS Data Recovery Wizard for Mac」のメリットをまとめておくよ!

「EaseUS Data Recovery Wizard for Mac」のここがスゴい!
  1. Vectorプロレジ大賞受賞作品という抜群の品質
  2. 誰でも簡単にデータを復元することができる
  3. iPhoneのバックアップからも復元できる
  4. 完全な日本語設定で安心
  5. 無料でも2GBまでファイル復元可能

データは消えてしまってからでは遅い。

誰だって「起きるかもしれない」ってリスクに万全を期すのはしんどいもの。

テクテン

ただこのアプリだったら、いったん入れておけば「いざという時に掘り出せる」

っていうのが最高の強み・安心感に繋がるんだよね。

ファイルを消しちゃった経験がある人。

消してしまうのが不安という人。

まずこの一本があれば「大事な思い出までなくしちゃう」ってことはなくなりますよ!

ではでは、テクテンでした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です