iTunesでCompleteMyAlbumを購入してアルバムが歯抜けになった時の対処法

ども!テクテンだよ!

iTunesの「Complete My Album」みなさん活用してますか?ぼくはちょくちょく使いますよ。安くフルアルバムを買えるのでシングルを購入しても無駄にならない。いいシステムだよね。

でも問題点がひとつ。アルバムに購入済みのシングルが含まれず、「歯抜け」状態になっちゃうあの現象!

▼こんな感じで曲が抜ける

マジで勘弁してくださいよ〜。同じ曲だからってこれはない!アルバムってのは収録される曲、そしてその曲順、すべてに意味があるんですよ。これじゃただ単に物理的に持ってない曲の補完に過ぎないじゃないですか。

ということで、この問題ズバッと解決させます!

Complete My Albumで購入したアルバムに既に持ってるシングルを入れる方法を解説しますよ。

基本的にMACでの説明になるけどWindowsもほぼ同じなので参考にしてみてください。

iTunes歯抜けの対処法は3つ

まず、対処法は大きく分けて3つあります。いずれの方法でも正常にアルバムを作ることができるので、自分の好きな方法をチョイスしてくだせぇ!

  1. シングルを残さずアルバムを完成させる
  2. シングルを残してアルバムを完成させる
  3. 同じ曲を買ってアルバムを完成させる

詳しくは後述するけど、おすすめの方法は1か2。3は余計なお金もかかるので正直あまりおすすめはできない!

目指すアルバムの形、ゴールはこれです。

欠けていた10曲目に正しく曲が追加されていますね。この状態を目指しましょう!

では具体的に3つの方法を解説していくよ〜。

1.シングルを残さずアルバムを完成させる

まずはもともと持っていたシングルを削除して新規購入したアルバムに入れ込む方法。この方法はとてもシンプルにアルバムを完成できちゃいます!

Caution
いやいやシングルも残したいんだけど?って方は次の2の方法に進みましょう。

シングル曲の「情報」を編集

ぼくの場合は上記のニッキー・ミナージュの「Chun-Li」という曲がシングルで買った曲です。このシングルをニューアルバムの「Queen」で歯抜けになっていた10曲目に追加していきます。

▼まずはシングルの「情報」を開きましょう。

▼アルバム名とトラックを編集。

アルバム名は追加したいアルバムの名称。この場合は「Queen」に変更。トラックは全19曲中の10曲目を指定しているよ。

入力したらOKで「情報」を閉じる。そうすると自動で曲がQueenの中に移動するよ。

アルバムの中に入ったか確認

Complete My Albumで購入したアルバムの中にきちんと曲が移動していればOK!これでアルバムが完成しました!簡単だったでしょ?

もしアルバムに曲がない場合は編集した情報が間違っている可能性がある。「アルバム名」や「アーティスト名」など、スペルが正しいかもう一度確認してみよう。

2.シングルも残してアルバムを完成させる

次はシングルも残しつつ、アルバムにも曲を追加するという方法。先に紹介した方法より少し手順が増えるよ。

曲をコピーしておこう

まずは対象となるシングル曲を、追加したいアルバムに「コピー」する。ここは「移動」や「切り取り」ではなく必ずコピーにしてね。

▼このシングル曲を

▼アルバムにコピーしよう

iTunesライブラリの場所
/Users/ユーザ名/Music/iTunes/iTunes Media/Music

デフォルトだとこのパス構成になってるぞ!

ややこしくなるので、ファイル名は正しい曲順にリネームしておくことをおすすめします。

もう一度iTunesライブラリに追加する

次に、今コピーしたシングル曲をもう一度iTunesライブラリに追加します。「何言ってるかわからない!」って?こまけーこたぁいいんだよ。とにかくもう一回追加するの。

iTunesの「ファイル」→「ライブラリに追加」で追加しましょう。そうすると、当たり前だけど、曲が二重で登録されます。

二重で登録された曲の「情報」を編集

勘の良い方ならもうお気づきですねー?あとは先程と同様、シングル曲の情報をアルバムに沿ったものに編集していくだけです。

MEMO
二重に登録された曲はどちらを編集しても問題ありません

アルバムとシングルをチェック!

編集が完了したら先程と同様、アルバムの中に正常に追加されているか、シングルがちゃんと残っているか、を確認しておきましょう!

ついでにiPhoneに同期して確認すべし。

▼10曲目に入ってますね。

▼シングルもちゃんと残るよ!

ちょっと面倒だけど、シングルのアルバムアートワークも残せるので個人的にはこの方法がもっともおすすめだね。

3.同じ曲をまた買う・・・

この方法はぼくも実は試したことがないんだよね。欠けている曲を別途購入することでアルバムを完成させることもできるようです。

テクテン

コンプリート・マイ・アルバムの意味が完全消滅っ!

はい・・・。せっかく差分を安く購入したのに、普通にフルアルバムを買うのとなんら変わりはありません。なのであまりおすすめできないってのが正直なところ。

一応やり方を書いておくよ。

▼コンプリートアルバムを表示させよう

▼未所持の曲を購入しよう

金額が表示されるので、(既に持ってるのに)新しくアルバムに収録された曲を買い足すことが可能なのです。うーん。Appleさんこの仕様はいただけない。

実際にこの同じ曲をもう一度買ったひともいるみたいだよ。

参考 iTunesで「コンプリート・マイ・アルバム」で購入したアルバムのシングル曲が欠ける場合の対策方法 | ガジェットショットガジェットショット

アートワークも忘れずに統一!

無事にアルバムを完成させることができたところで、アートワークが気になっちゃった人もいるんじゃない?

そうなんです。シングルをアルバムの中に入れたのに「アートワークはシングルのまま」っていう致命的な問題があるのです。

実はこれもちょっとしたことで解決できるので、その方法をレクチャーするよ!

適当な画像に一回変更する

アルバムの中の曲は、曲単位でアートワークを変更することができない、っていう謎仕様になってる。

なので、画像をなんでもいいので用意してアルバムのアートワーク全体を変更してください。

もう一度アルバムアートワークを取得

適当な画像に変更できたら、正しいアートワークに戻しましょう。

アルバムをタップしてメニューから「アルバムアートワークを入手」を選択。

はい!これで本来のアートワークがダウンロードされます。もちろん追加した曲にも適当されるよ!

▼フォルダで見ても変更されているね

▼もちろんiPhoneでも正しく表示される

さぁこれで完璧に歯抜けアルバムを正しいアルバムの姿にすることができました。お疲れ様でした!

まだまだ根強い買い切り音楽配信

Apple Musicをはじめ、たくさんの定額音楽配信サービスが台頭してきてるよね。まさに時代の流れを感じる。

それでも、やっぱり中学生の頃から音楽を買うことはぼくにとって楽しみのひとつだったわけです。

だから今でも気に入ったアルバム、アーティストの曲を吟味して自分の音楽コレクションを充実させていくのが楽しいんだよね。

今回はそういった買い切り派を悩ます「マイ・コンプリート・アルバムの歯抜け問題」が解決できたんじゃないかな!

ストレスのない音楽ライフを。そいぎんた〜!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です