【消すかも】ズル賢く人気記事を簡単に生み出す方法3選!

ども!テクテンだよ。

あんまり大きな声では言えないんだけど。PVを集められる人気記事が簡単に書けちゃう裏技があったらどうします??

実はあるんだよね。ってかぼくもよく使いますこの技。

どうやったらPVを集められる記事が書けるのか、悩んでる人がいたらぜひ取り入れてみて欲しい。コツを掴めば誰でも簡単に記事が書けちゃうよ!

自分の飯のタネでもあるので、こんなに公開したくないんだけどね。消しちゃったらゴメンナサイ(ー人ー)

人気記事を生み出すってのは相当難しい

身銭を切って記事を書いている

いわゆる、プロブロガーと呼ばれる人たちはめちゃくちゃ時間とお金と労力を費やして記事を作成してます。

  • 自分で話題になりそうなスポットに行ってレポートする
  • 最先端の人気商品を買ってレビューしてみる
  • マイナーだけど美味しい店を自力で探し出す
  • 革新的なオピニオンで世間をざわつかせる
  • プロレベルの技術でノウハウ記事を書く

などなど

そんな涙ぐましい努力があって、「読まれる記事」を生み出してるわけです。多大なコストをつぎ込んでるからこそ生業として成立しているんだね。

テクテン

けど悲しいかな、我々凡人にはそんなお金も時間も技術も持ち合わせていないっ!

だからこそ、凡人には凡人なりの戦い方ってのがあるんですよ。弱者は弱者なりに唯一持ってる武器、「頭」を使わないと勝てません。

次は、具体的な戦略方法を教えるよ!

ずる賢く人気記事を生み出す方法3つ

1.インフルエンサーのおこぼれを狙う

インフルエンサーってのは「めちゃくちゃ影響力がある人」って意味だ。乃木坂46が曲のタイトルにしたことで一躍有名になったキーワードだね。ちなみにぼくは欅坂一筋なので誤解しないように!

「インフルエンサーのおこぼれを狙う」ってうのは簡単にいえば、ブログ界で影響力のある人の記事に乗っかっちゃえYO!ってこと。

  1. 面白い企画があったら自分の記事に流用する
  2. 派生して検索されそうなキーワードで記事を作る

<1.面白い企画があったらパクる流用する>

例えば、「iPohneのホーム画面を晒してみよう!」とか、「今月買ってよかったものベスト3を発表」とか。誰かが発端になって情報発信しているんです。これ面白いな!と思ったら「自分だったらどうかな?」という目線で記事に落とし込んじゃえ!

この戦略の優れたところは「アウトプットが人によって絶対違ったものになる」ってところ。iPhoneの場合、壁紙・アイコン配置までまったく一緒のiPhone画面の人なんてまずいるわけないよね?

必ずオリジナルのコンテンツが自動的に出来上がるっていう大きなメリットがある。ぜひ挑戦してみよう!

ぼくはこんな感じで流用しちゃう。

大晦日だよ!2017年よく読まれた記事ベスト5を発表!「#わたしのサブスク」に乗っかって我が家の課金を晒してみる!

<2.派生して検索されそうなキーワードで記事を作る>

ブログ界のインフルエンサーといったら、なんといってもイケハヤさん。一日に何万人という人が彼の記事に目を通します。そんなイケハヤ先生、先日こんな記事をUPしてました。

参考 【アフィリエイト攻略】超今さらですが「GRC」を導入!Macでも使えるんですね!まだ東京で消耗してるの?

興味があったのでサクッと読みました。そこで「ほう〜 MACでもwineっていうツール使えばGRC動くんだぁ」という情報を見事GET!

読んだあとこんなこと思いませんでした?

  • いや、wineってそもそも何やねん?
  • wineってどうやって使うの?
  • wineって無料なの?有料なの?
  • BootcampやPararelsじゃダメなの?

「次に知りたい情報」がどんどん出てきます。この細かいニーズをこっち側で拾っちゃうんですよ。

イケハヤさんが書いた記事を見て、ユーザーが次に取りそうな行動を予測していく。それを自分発信の記事として強引にでもねじ込んでいく!補足するような記事でもいいね。

実際、この記事がUPされた翌日には他のブロガーさんが早速「wineの導入方法」って記事をあげてたからね。先越されたなーって感じ。美味しいネタのおこぼれは奪い合いなのです。

2.Youtubeからコンテンツを逆輸入する

いまや一大勢力のYoutube界隈。ぶっちゃけ「最先端の情報がYoutube発信」になりつつあるわけです。

かつての、Webから動画サイトへ情報を流すという一連の動きは既に逆転されちゃってるんだよね。だったらこれをうまく活用しない手はない!

もうやることは簡単で一つしかない。

  1. Youtubeで得た情報を、ブログ記事で書きおこす

たったこれだけ。

Youtubeコンテンツの特徴はだいたいこんな感じ。

  • YoutubeとWebでは情報の住み分けされる傾向が強い
  • Youtube動画の内容は文章で残らない
  • Youtubeで得た情報はその後Webで検索される可能性が高い

つまり、WebとYoutubeの情報格差を利用した記事を書けば必然的にニーズに答えることが出来るよね。ってこと。

Web全盛期は「2ちゃんねる」が最先端だったよね。それがニコニコに移り、やがて衰退して、今はYoutubeの時代。

具体例をあげてみるよ!ブログ用にデジカメを新調しようと思ってあるカメラの情報をすっごい調べたんだよね。

Webでは「写真の画質」について書かれてる記事が多かった。Youtubeで調べたら、「動画の画質、利便性」についてのものがほとんどだったのよ。

完全に情報の住み分けが出来上がっちゃってる。これをお互いコンテンツとして輸入し合えば・・・WINWINじゃないかーー!!

Youtube情報の速報性、希少性はガチで今最強だと思います。Youtubeの面白いインフルエンサーまとめてるのでこっちも見ておくと幸せになれるかも。

ついつい時間を忘れて見入ってしまう、面白いユーチューバー7人をご紹介!

英語がある程度理解できる人なら英語圏発信の情報もいただけちゃうしなー。動画で情報を伝えるって流れは当面続くでしょう。

3.古くて埋もれてる記事をリメイクさせていただく

最後、これもたまに使う手段。Google先生で検索した時に、なかなか欲しい情報が見つからなくて、すっごい奥の方のページまで行っちゃったよ・・・なんて経験みんなあるでしょ?

奥の方でようやく、誰かの日記みたいな個人ブログに殴り書き程度で知りたかったことが書かれてた、とか。しかももう5年も前の記事じゃん!とか。こういうのすごく勿体無い。お宝の原石ですよまさに。

だったら、今も情報として使えるようもう一度磨いてやりましょ?

  1. メモ書き程度で充実してない情報を整理してあげる
  2. 情報が古くて死にかけてる記事を再活用してあげる

誰かが残してくれた情報の欠片を集めてもう一度命を吹き込んでやる作業です。そうやって書いた記事もやがては過去のものになります。そうしたらまたどこかのブロガーがコンテンツとして再利用してくれるわけですよ。

持ちつ持たれつ。Webの資源、財産を賢く再利用しちゃいましょう!

ちなみにぼくが書いた↓の記事も、Webで情報が散在していて、内容も古かったのでリメイクしたものだよ。いまやうちのブログで一番PVを集める記事になってしまった。

【PS4】PS Plusを家族と共有する方法!(MHWでオンライン可能)

まとめ

まるパクはダメ!絶対。

AZU

ぶっちゃけさ〜、これって全部「パクって」ずるしようとしてるんじゃないの!?

テクテン

ち、違う! 断じてパクってるんじゃない!!これはオマージュなんだよ! そう、リスペクトしてるだけぼくは!

まぁ冗談は置いといて・・。コンテンツをコピペしたような、いわゆる丸パクリ記事は絶対に書いたらダメです。

倫理的な問題ももちろんあるけど、何よりコンテンツの盗作はGoogleから厳罰もらっちゃうよ。自分の力にもならないし、築き上げてきた信用、政治力も失います。絶対にやめるべし!

まぁ、ぼくのブログを読んでくれる人はみんな大人なのでそんな心配要らないか!

コンテンツを生み出す力

最後にもう一度まとめておくよー!

  1. インフルエンサーのおこぼれを積極的に狙っていく
  2. Youtubeとの情報格差を利用した記事を書く
  3. 情報として死にかけてる記事を再利用してあげる

今回紹介した方法は、先人たちの知恵を借りて自分にしか書けないものを生み出すための、言わばアシスト機能みたいなもの。散在してる情報を集めて、精査(自分のフィルターを通す)してアウトプットする。

これは紛れもなく、コンテンツを生み出す力だし、価値の創出。情報格差を利用して「回答を提供する」のも立派なサービスです。

ビジネスセンスのある人はこの辺の仕組みを巧みに利用して記事を量産してるよ。ぼくもこんなに裏側をばらしちゃっていいのか不安。流行りの有料noteで公開すべきネタだったかも・・・。

ではでは、テクテンでした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です