【ゾンビランドサガ】嬉野カフェモカさんで幸太郎席に座ってパフェを食べよう!

どやんすー!テクテンだよ。

夜な夜なゾンビランドサガファンが集まっているという噂の喫茶店。それが佐賀県嬉野市にある「カフェモカ(cafe moka)」さんだ!

作中でお店が出てきてからというもの、あっという間に聖地化してファンの間で人気になった場所である。今でもゾンビィたちの憩いの場として美味しいコーヒーとパフェを提供してくれるありがた〜いカフェ。

ということで、これからカフェモカさんに巡礼しに行くよ!という方、どうせなら「幸太郎席」に座って、「パフェ(営業セット)」をいただきましょう!

今回はカフェモカさんを巡礼するうえでのポイントなんかをまとめたよ。ぜひ嬉野に行く前に読んでね!

おさらい!カフェモカさんは何話で出てくるの?

はい、ズバドン!「第4話:ウォーミング・デッド SAGA」です。

幸太郎が営業で久永製薬さんと商談する喫茶店。あのお店こそが「カフェモカ」さんでっせ。

サラッと復習したところで、さっそく佐賀県嬉野市にあるカフェモカさんに行ってみましょう!

カフェモカさんへのアクセス

カフェモカさんへの行き方、それから駐車場関連をまとめておくよ。

嬉野には駅がないので車で行こう!

▼カフェモカさんの場所はこちら

テクテン

えっと、まず衝撃的なこと言っちゃいます。

テクテン

嬉野には・・・電車の駅がありませんっ!!

ということで車はほぼ必須になるんだよね。車がない方は、レンタカーやタクシーなどを駆使してなんとかたどり着いてください(;・∀・)

一応、武雄温泉駅からはJR九州のバスも出ているみたい。武雄温泉駅なら佐賀駅や唐津駅からもアクセス可能なので検討の余地あり。

カフェモカさん専用駐車場あり

カフェモカさんがある通りを少しまっすぐ登っていくと、専用の無料駐車場があるよ。7〜8台程度は駐車できるね。

場所を詳しく書くとここ。

小さいけど看板も出ているので見落とさないでね!

カフェモカさん専用駐車場は競争率がかなり高いので、すでに満車というケースも考えられる。そんなときも安心。

嬉野は一大観光地なのでコインパーキングがたくさんある。近くにももちろんあるのでそっちに駐めればOK!

幸太郎席でパフェを食べよう作戦開始!

無事車も駐められたらさっそくカフェモカさんに向かおう!ここからは実践編だよ。

確実なのは開店1時間前?

カフェモカさんは基本的に11:30頃がオープン時刻。ぼくはビビリなのでオープンの1時間前、10:30に到着したぞw

テクテン

やはり一番乗りだ!まだ誰も並んでいない。

いや、それにしてもアニメ本編はこの風景をかなり忠実に再現している。初めて来たにも関わらず既視感からかすぐにここだ!って分かってしまった。

ふむふむ。今日のオープンは11:40予定か。あと1時間10分。あたりを見渡しつつじっくり待とうじゃないかー。

▼エンディングの広川鮮魚店さん越しの風景。軽トラの位置まで完璧で震える。

11時近くなると続々とお客さんが並び始めた!あっという間に10組以上の列が。すごい人気だ。早めに来ておいてよかった〜。

ゾンビの話しで盛り上がってるファンも多数。ぼくも混ざりたいがヘタレなので遠くから眺めるだけ(´;ω;`)

ゾンビィであることを自己申告すべし!

さて、いよいよ11:40。オープン!モカのお姉さんがお店から出てこられた。

先頭に並んでたぼくたちに、「一般のお客様ですね!○○の席になります!」と笑顔で告げられた!

えっ!? たぶん、いや、それは間違いなく「幸太郎席」ではない予感。これはまずい!

テクテン:「あ、あのすいません、ゾンビランドサガのファンでして、あの幸太郎が座ったテーブルで食べたいんです・・・(震え声」

勇気を振り絞って言ってみたぞ!

モカのお姉さん:「あ、そうなんですね!分かりました、そちらをご案内しますね!後で少し説明がありますのでよろしくお願いします♪」

なんとか伝わった。良かった!

テクテン

幸太郎席に座ってみたい場合は自分がゾンビィであることを自己申告しよう!大丈夫だ!

気分はもうプロデューサーじゃーい!

幸太郎席に座ってプロデューサー気分を味わっているワイ氏。(実はおしゃれなカフェで緊張しているとは口が裂けても言えない)

卓上のメニューには「営業セット」が!!これだーーーー!!さっそく注文させていただくぅ!

待ってる間に「祭壇」と呼ばれるモカさんや有志のファンが寄贈してくれたのであろうゾンビランドサガグッズがどんどん運ばれてくる。

ファーーー!なんかこんな特別待遇されてしまって良いのだろうか。ドキドキする。

すると奥に座っていたファンであろう男性の方が幸太郎席にやってきて「これどうぞ!交流ノートですっ!」と爽やかな笑顔で手渡してくれた。

ん?どこかで見たことあるこの方。Twitterで見かけた○○さんじゃないか!ぼくが女だったら惚れてた間違いない。

ぼくがカフェモカさんを訪れた段階ですでに3冊目だったよ!

純喫茶のパフェとパスタやっぱり美味いわ

ちょうどお昼時だったので注文していたランチセットが先に到着!

ぼくが頼んだのは「アマトリーチェ風パスタ」のランチセット。フォロワーさんがおすすめしてたので気になってたんだよね。

こちらは嫁さんが頼んだ「ロコモコランチ」。こっちも美味そうだな〜!

テクテン

さて、パスタも食べ終わってほどよいタイミングでついにアレが登場だーー!!

ドン!! スゴいデカさだ!高さはゆうに20cm以上はありそうじゃないか!!

アニメもかなり忠実に再現はしているが・・・、やはり実物の迫力はまったく違う!ツヤやイチゴの鮮やかさもやはり本物には敵わないよ!

滴り落ちる練乳、大粒のイチゴ。パンナコッタに生クリーム。This is パッフェ!

パフェとか食べるの小学生以来だよなぁ。あー1時間以上並んだ疲れもこの程よい甘みと酸味で一気に吹き飛ぶわ。

がばうまかっ!

MEMO
イチゴパフェはイチゴの季節である12月〜5月の限定販売だよ!気をつけてね。

ルールはちゃんと守ろうね

最後にちょっとした注意事項を。

カフェモカのお姉さんから「説明がある」って言ったのを覚えているかな?だいたいこんな感じの内容だよ。

  • 店内は撮影OKのもの以外は撮影をしない
  • メニューは撮影NG、営業セットの看板はOK
  • 「祭壇」は他のお客様にも回します
  • 交流ノートは表紙だけ撮影OK

(これで全部だったかどうか怪しいのでもし分かる人がいたらコメントで教えてください)

うん、当たり前だよね。お店にはもちろん他のお客さんもいるし、そういった方に迷惑になるような行為は絶対ダメ。

ゾンビランドサガのファンもたくさん来るわけだから、グッズはみんなで楽しむ。ノートはプライベートなことが書かれている可能性もあるので中身は見るだけにする。

お店の中だけじゃなく、例えば外で並ぶときも、近隣の住人の方や他の店舗の方が困らないよう配慮しようね!

美味しいパフェとゾンビィとの交流を愉しむ

佐賀県嬉野市にある「カフェモカ(cafe moka)」さんで、幸太郎席に座ってパフェとパスタをガッツリ堪能しちゃいました!

店内を見渡すと、ゾンビィたちが楽しそうに思い思いのゾンビ愛を語ってる姿がとても良かった。モカさんの料理やデザートがそのコミュニケーションを盛り上げてくれるよう優しく寄り添っているんだよね。

嬉野というと、交通の便も決して良いわけではないのに、こんなに多くのファンが日々集う理由が行ってみてよく分かったよ。

これからもゾンビランドサガファンにも、もちろん地元の方にも愛されるカフェとして長く続きますように。

そんなことを思いながら、ぼくは交流ノートに少しだけ足跡を残してモカさんをあとにした。

また来年、甘酸っぱいイチゴの季節が来たら、ぼくはきっと嬉野に足を運ぶのだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です